中村亮土(サントリーサンゴリアス)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

中村亮土

中村 亮土

Ryoto Nakamura

  • 生年月日

    1991年6月3日

  • 出身

    鹿児島県

  • 所属

    サントリーサンゴリアス

  • ポジション

    CTB(センター)/SO(スタンドオフ)

  • 身長/体重

    180cm/95kg

  • 足のサイズ

    29cm

  • 主な経歴

    鹿児島実業高校→帝京大学

  • 日本代表キャップ

    24 (2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター / インスタグラム

    @ryoto1010 / @bd_ryoto

ワールドカップではタックルで魅せた。営業マンと二足のわらじを履くCTB

ワールドカップ日本代表31名中、2人だけだったという社員選手の1人がCTB(センター)中村だ。一昨年度まで2年連続王者だったサントリーで成長を遂げた。身体が強く、タックルにも定評があり、ボールキャリアとしても長けている。

姉がサッカー選手だったように、中村も幼稚園から中学校までサッカーをしていたため、キックも上手い。「ラグビーが好きだった」という父親の影響で高校からラグビーを始めて、鹿児島実業高校では2・3年と花園に出場。

帝京大学ではSO(スタンドオフ)やCTBとして1年生からチームに貢献し、4年時は主将として5連覇に大きく貢献。また、2013年の大学4年時にUAE戦で、日本代表初キャップを獲得した。大学卒業後、サントリーで徐々に出場時間を増やしていき、チームの中軸となる。

2017年秋には、「SOとCTBの両方ができる」と評価されて、ジョセフヘッドコーチに日本代表へ選出された。2018年秋、日本代表の12番として先発し、イングランド代表からもトライを挙げた。2019年はリーダーの1人として、チームの中心選手となりベスト8進出にも貢献した。日本代表だけでなく、サントリーの中心選手として、再び優勝に貢献することができるか。

◆好きな食べ物は鰻、フルーツ。趣味は海釣り。座右の銘は「小さな考動が大きな結果を生み出す」。2人の姉がいる。昨年6月に、両親、祖父母の出身地である鹿児島県曽於市のPR大使に就任した。愛称は「りょうと」。日本代表では数少ない社員選手の1人だ。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

李聖彰と牧田旦は大学の同期で帝京大学を5連覇に導いた。流大は帝京大学の後輩で、サントリー、日本代表ではチームメート。小瀧尚弘は母校の鹿児島実業高校、帝京大学の後輩にあたる。ラファエレ ティモシーは日本代表としてCTBでコンビを組んでワールドカップで全5試合に先発した。北出卓也はサントリー、日本代表のチームメートで、「北出丼」をアレンジしてもらった。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります