中島イシレリ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

中島イシレリ

中島 イシレリ

Isileli Nakajima

  • 生年月日

    1989年7月9日

  • 出身

    トンガ

  • 所属

    神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  • ポジション

    PR(プロップ)

  • 身長/体重

    186cm/125kg

  • 主な経歴

    リアホナハイスクール→流通経済大学→NECグリーンロケッツ

  • 日本代表キャップ

    8(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

バックローからPRに転向し、1年でワールドカップに出場

バックローからPR(プロップ)に転向し、1年経たずにワールドカップに選出、口癖の「yeah boii」でも有名になったのがイシレリだ。流通経済大学時代は150kgの体重を活かした突破力を武器としたNO8(ナンバーエイト)でヴァカウタ・イシレリという名だったが、2014年に日本人女性と結婚し、2015年に日本国籍を取得して現在の名前になった。

15歳でトンガのリアホナハイスクールでラグビーを始めて、当初は現在と同じPR(プロップ)だったという。18歳から流通経済大学に進学してバックローとなる。巨漢を活かした突破力が武器だったが、ケガも多かったという。4年時には流通経済大学のリーグ戦初優勝に貢献し、ベスト15にも選出された。

大学卒業後はNECグリーンロケッツに入り、3年プレー。2015年からは神戸製鋼に移籍した。なかなか出場時間を得ることができなかったが、2018年はバックローとして春から好調でトップリーグ優勝に貢献し、NO8としてベスト15にも選出され、その勢いのまま、日本代表入りを果たした。

さらに、2019年になり、その体格を買われて、高校時代にプレーしていた左PRに転向。トップリーグカップ、ウルフパックで徐々に頭角を現し、左PRとしてワールドカップ出場を果たした。神戸製鋼の連覇に貢献し、PRとして再び「ベスト15」選出となるか。

◆憧れの選手は、トンガ出身でニュージーランド代表のジョナ・ロムーだ。同級生のPRヴァルアサエリ愛とは、トンガ時代にユース代表でチームメイトだったため仲がいい。そのときは中島がPRで、ヴァルがバックローだった。かつて150kgあったという体重は現在、ハンバーガーを5個から2個にして120kgくらいに。ストレスの発散は温泉だ。流通経済大学カラーの金髪にしてから芸人の松本人志に似ていると言われるようになりTVでも共演。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

タウムア・ナエアタはトンガ、流通経済大学、神戸製鋼の後輩でかわいがっている。ヴァル アサエリ愛は年齢も同じで、トンガ時代からの付き合い。小野寺優太と鹿田翔平は流通経済大学の同期で、小野寺はNEC、鹿田は神戸製鋼でチームメート。山﨑基生は大学、神戸製鋼の先輩だ。日本代表のチームメートのアマナキ・レレイ・マフィは同郷で同学年にあたる。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります