マット・トッド(東芝ブレイブルーパス)

注目選手

マット・トッド

マット・トッド

Matt Todd

  • 生年月日

    1988年3月24日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス

  • ポジション

    FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    185cm/104kg

  • 主な経歴

    クルセイダーズ、パナソニック

  • ニュージーランド代表キャップ

    25 ※2019年ワールドカップ代表
    ※2021年1月6日現在

  • インスタグラム

    @toddy_m_

運動量と激しいタックルを武器とするブレイクダウンの仕事人

身体を張った激しいディフェンスと、ブレイクダウンでの機動力とスキルの高さでFLリッチー・マコウの後継者といわれたオープンサイドFLだ。クライストチャーチ出身で、2011年にクルセイダーズでスーパーラグビーデビューを果たす。2013年に初めてオールブラックスにも選出され、同年6月のフランス代表戦で初キャップを獲得。

2015年のワールドカップには出場できなかったが、翌2016年シーズンにクルセイダーズでバイスキャプテンとなり活躍すると、2016年に再びニュージーランド代表に招集され、オーストラリア代表との「ブレディスローカップ」最終戦ではマンオブザマッチに輝く活躍を見せた。クルセイダーズでも2017・18・19年の3連覇に大きく貢献した。

度重なるケガでなかなか大舞台に恵まれなかったが、2019年のワールドカップはオールブラックスのメンバーに選出され、堅実なプレーでチームを支えた。2018年はパナソニックでプレーしたが、ワールドカップ終了後にクルセイダーズ時代にも師弟関係にあったトッド・ブラックアダー監督のもとで再び日本でプレーすることを決めた。今シーズンも豊富な運動量、タックルで東芝の勝利に貢献し続ける。

◆何よりも家族を優先する2児の良きパパである。海外移籍の話は出ていたが、学校に上がったばかりの長女など、家族のことを考えてニュージーランドを出なかったが、環境的にも問題なかったために日本でのプレーを選んだ。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q.今の自分がある、一番の人生の分岐点はいつだったと思いますか?

    学校での登校初日

  • Q.ラグビー人生で一番影響を受けた人は誰ですか?

  • Q.自分を動物に例えると?

    ワニ

  • Q.キャッチフレーズ

    挑戦しなければ100%ミスをするのと同じ

  • Q.好きな海外のラグビーチーム、選手、監督を教えてください

    クルセーダーズ
    リッチー・モウンガ
    スコット・ロバートソン

  • Q.今、一番会いたい人は?

    試合に戻って来てくれるファン

  • Q.本拠地のPRをお願いします!

    ホームの声援は最高

  • Q.ステイホームで始めた事やハマった事はありますか?

    読書

  • Q.よく作る料理(一番得意な)はありますか?

    BBQ

  • Q.日本(もしくは海外)で行ってみたいところはありますか?

    札幌

  • Q.日本に来てびっくりしたことはありますか?

    初めてラッシュアワーの電車に乗った時。ものすごい人の数だった。

トップリーグ注目選手一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります