マット・トッド(東芝ブレイブルーパス)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

マット・トッド

マット・トッド

Matt Todd

  • 生年月日

    1988年3月24日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    東芝ブレイブルーパス

  • ポジション

    FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    185cm/105kg

  • ニュージーランド代表キャップ

    25(2019年ワールドカップ出場)
    ※2020年1月10日現在

マコウの後継者と言われるオールブラックスのFL

2019年ワールドカップでも活躍したオールブラックスのFL。身体を張った激しいディフェンスと、ブレイクダウンでの機動力とスキルの高さでリッチー・マコウの後継者ともいわれた。

2011年にクルセイダーズでスーパーラグビーデビューを果たすと、2013年に初めてオールブラックスにも選出され、6月のフランス代表戦で初キャップを獲得した。2015年のワールドカップには出場できなかったが、翌2016年シーズンにクルセイダーズでバイスキャプテンとなり活躍。

2016年に再び代表に招集され、ブレディスローカップ最終戦ではMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝く活躍を見せた。また、クルセイダーズでも2017年、18年の連覇に大きく貢献した。

度重なるケガでなかなか大舞台に恵まれなかったが、2019年のワールドカップは堅実なプレーでチームを支えた。昨季はパナソニックでプレーしたが、今季はクルセイダーズ時代にも師弟関係にあったトッド・ブラックアダー監督のもとで再び日本でプレーする。

◆何よりも家族を優先する2児の良きパパである。以前から海外移籍の話は出ていたが、学校に上がったばかりの長女のことなど、家族のことを考えてニュージーランドを出なかったが、昨季は環境的にも問題なかったパナソニックのオファーを受け入れて来日し、今季も東芝でプレーする。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ティム・ベイトマンは、クライストチャーチボーイズ高校の同級生で、今は東芝でもチームメート。キアラン・リードは、クルセイダーズ時代のチームメート。ライアン・クロッティは同じ年で、クルセイダーズやカンタベリーで一緒にプレー。権裕人は、パナソニック時代に仲良くしていた。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります