北出卓也(サントリーサンゴリアス)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

北出卓也

北出 卓也

Takuya Kitade

  • 生年月日

    1992年9月14日

  • 出身

    京都府

  • 所属

    サントリーサンゴリアス

  • ポジション

    HO(フッカー)

  • 身長/体重

    180cm/102kg

  • 主な経歴

    東海大学→サントリー

  • 日本代表キャップ

    1(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

「北出丼」で有名になったHO。スクラムも強くスローイングのスキルも高い

サントリーでの活躍もあり昨年、特別編成チーム「ウルフパック」でプレーし、スーパーラグビーデビューを飾り、ワールドカップの日本代表メンバーにも選出。ポジション争いの激しいHOでなかなか出場機会に恵まれなかったが、大会直前の南アフリカ代表戦で初キャップを獲得した。

高校時代から将来を嘱望されていたHOで、所属するサントリーで2015年度の1年目から試合に出場し、今ではすっかりチームの中心選手として定着している。お弁当屋さんを経営しているという父親がコーチをしていたこともあり、物心がつくか、つかないかの3歳から洛西ラグビースクールで競技を始めた。

京都・西陵中学を経て、東海大仰星高校、東海大学を経てサントリーに入部。ボールキャリー、タックルも強いが、パスやラインアウトのスローイングも上手く、年々、スクラムも強くなってきた。サントリーでは2016年度、17年度の2冠に輝いたが、これが自身初の日本一となった。

高校時代、東海大仰星の土井崇監督(当時)が「将来、スーパーラグビー選手になれる」と太鼓判を押していたように、着実に努力を重ねて成長を遂げてきた。セットプレーの安定に貢献し、近場でも力強さを発揮するなどHOとして安定感を増している。日本代表合宿の経験を活かして、サントリーの王座奪還に貢献できるか。

◆4人兄弟の末っ子。サッカーも4年間やったことがあり、小さい頃はJリーガーになりたかったという。目標は日本代表HO堀江翔太選手。趣味は読書。好きな食べ物は粕汁。ワールドカップ時は、得意の料理で「北出丼」をチームメイトに振る舞ったことで有名に。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

東海大仰星高校から東海大学で小原政佑は同期、野口大輔と竜司の兄弟は後輩。福本翔平は東海大仰星高校の同期。堀越康介はサントリーの後輩だが、同じHOとしては日本代表でもチームでもライバル関係。中村亮土はサントリーのチームメートで日本代表合宿で「北出丼」の味付けを考案した。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります