ジェームス・ムーア(宗像サニックスブルース)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

ジェームス・ムーア

ジェームス・ムーア

James Moore

  • 生年月日

    1993年6月11日

  • 出身

    オーストラリア

  • 所属

    宗像サニックス

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    195cm/102kg

  • 足のサイズ

    32cm

  • 主な経歴

    ブリスベンステート高校→クイーンズランド工科大学→東芝

  • 日本代表キャップ

    7(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • インスタグラム

    @jimmyyymoore

ワールドカップでのタックル数は6位。昨年、一気に開花した若きLO

サンウルブズや特別編成チーム「ウルフパック」での活躍が認められ、一気に日本代表メンバー入りし、ワールドカップでは全体の6位とタックルで魅せたLOだ。

13人制ラグビーで培ったタックルの強さ、運動量が武器。日本に来て3年が経ったことで、昨年6月にワールドラグビーから日本代表資格を承認された。7月27日に行われたパシフィック・ネーションズカップのフィジー戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得。ワールドカップでも、最年長のトンプソン ルークとともに日本代表の躍進に大きく貢献した。

2016年度に来日し、東芝入りしたがトップリーグの出場はなかった。だが、2017年度は同僚の大野均などの指導もあり、レギュラークラスとなり9試合に出場。頭角を現し、2018年からはサンウルブズでプレーし、宗像サニックスに移籍した。

オーストラリアで、10歳の時にラグビーを始めたが、リーグ(13人制)ラグビーを中心にプレーし、NRCブリスベンシティでのプレーを経て、21歳で15人制ラグビーに転向。まだ5年目だ。リーグ出身だけにタックルは正確で力強く、国際舞台を経験して大きく成長を続けている。宗像サニックスの上位進出にはムーアの活躍が欠かせない!

◆ムーアと同じくリーグからユニオンに転向した、元オーストラリア代表FBイズラエル・フォラウに憧れている。日本代表のCTB /FBウィリアム・トゥポウは高校の先輩だ。ヘッドキャップをしてプレーしているのは母が安心するからだという。大好きな食べ物はステーキ。日本食では、刺身は好きだが、納豆は苦手だという。趣味はサーフィン。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ウィリアム トゥポウはオーストラリアのブリスベンステート高校の先輩。大野均は東芝時代に指導され、ロックとして尊敬。リーチ マイケルはキャプテンとして尊敬している。ジェイソン・エメリーはサンウルブズ、サニックスの両方でチームメート。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります