堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

堀江翔太

堀江 翔太

Shota Horie

  • 生年月日

    1986年1月21日

  • 出身

    大阪府

  • 所属

    パナソニック ワイルドナイツ

  • ポジション

    HO(フッカー)/NO8(ナンバーエイト)

  • 身長/体重

    180cm/104kg

  • 主な経歴

    島本高校→帝京大学

  • 日本代表キャップ

    66(2011、2015、2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

  • ツイッター / インスタグラム

    @shotahorie / @shotahorie_no.2

ドレッドヘアーがトレードマーク、日本を代表する世界的HO

ドレッドヘアーがすっかりお馴染みとなったベテランHOで、2019年のワールドカップでも大活躍。日本世界に誇るラグビー選手の1人だ。日本人FW(フォワード)としてレベルズ(オーストラリアで)初のスーパーラグビー選手となり、2016年にサンウルブズが参入するとともに、初代キャプテンとしてチームを引っ張った功労者の1人だ。

サッカーをしていたが、太ってきたという理由で小学5年からラグビーを始めた。中学時代はバスケットボールもプレーしていたが、島本高校からラグビーに専念。帝京大学時代は主将も務めた。

卒業後、バックローからHOに転向し、ニュージーランド・カンタベリーアカデミーに挑戦(2シーズン)。同時に三洋電機(現・パナソニック)でプレーし、2010、2015年度のトップリーグMVPに輝き、「ベスト15」には7度選出。また、2013、2014年はレベルズでもプレーした。

ボールキャリアとしての能力は随一。パス、時にはキックを蹴るほどスキルに長けている、近年はFWらしい近場のプレーやセットプレーでも存在感を示すようになった。2018年秋、右足首を疲労骨折しトップリーグやテストマッチに出場できなかった。だが、2019年の春には復帰し、ウルフパック、サンウルブズで試合経験を積んだ。

自身3度目となった昨年のワールドカップではリーダーグループに属していなかったが、その経験とキャプテンシーでプレー以外でもチームを影から支えた。本人は「40歳まで現役でプレーしたい」と常々話している。4度目のワールドカップも視野に入れつつ、まずはパナソニックで4季ぶりの優勝を目指す。

◆高校時代、花園に出られず、手伝いとして得点ボードの担当をしていたという。小学生時代はサッカーの三浦知良のファンだった。音楽好きで、KEMURIと山崎まさよし、aikoのファン。自身も沖縄三味線、ギターも演奏。ドレッドヘアーは夫人の手によるもの。娘2人の父。好きな食べ物オムライス、ジェノベーゼ。愛車は「ワーゲンバス」。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

坂手淳史はパナソニックで同じポジションのライバル。五郎丸歩は同期で、U19代表や日本代表のチームメート。リーチ マイケルはリーダーとしてお互いに信頼関係。田中史朗はパナソニック時代の先輩・後輩で、ともにスーパーラグビーにチャレンジした。稲垣啓太はパナソニック、日本代表でチームメート。立川理道は日本代表で共同キャプテンをやるなど互いに尊敬。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります