グレイグ・レイドロー(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)

注目選手

グレイグ・レイドロー

グレイグ・レイドロー

Greig Laidlaw

  • 生年月日

    1985年10月12日

  • 出身

    スコットランド

  • 所属

    NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

  • ポジション

    SH(スクラムハーフ)

  • 身長/体重

    176cm/80kg

  • 主な経歴

    エディンバラ、グロスター、クレルモン・オーヴェルニュ ※今季新加入

  • スコットランド代表キャップ

    76 ※2015・19年ワールドカップ代表
    ※2021年1月6日現在

主将としてスコットランド代表を牽引してきた世界的SH

正確無比な右足からのキックと、冷静な戦術眼と強気なゲームコントロール、比類なきキャプテンシーで、スコットランド代表のキャプテンを長く務めた世界的SH。2015年のワールドカップでは日本代表戦でも4PG(ペナルティゴール)&4ゴールの20得点を決め、45-10で勝利。チームをベスト8に導いた立役者となった。

小さい頃からラグビーを始め、当時はオーストラリア代表SHジョージ・グレーガンらに憧れていたという。2007年からエディンバラでプレーし、2014年からはイングランドのグロスターに移籍し、さらに2017年からはフランスのクレルモン・オーヴェルニュに移籍した。

ナショナルチームにおいても各年代の代表にも選出され、2010年からはスコットランド代表としてプレーし、2015年ワールドカップではキャプテンとしてチームを牽引。2016年6月の日本遠征でも、チームをまとめて2勝を挙げることに貢献。2017年のブリティッシュ・アイリッシュ・ライオンズの遠征にイングランドのベン・ヤングスに代わって初参加した。

2017年はケガのためシックスネーションズを途中で欠場し、キャプテンをジョン・バークレイに譲ったが、2018年になって代表復帰すると再びキャプテンに返り咲いている。2018年はバーバリアンズの一員としてイングランド代表と対戦もしている。

2019年ワールドカップではキャプテンからは退いたものの、やはりベテランSHの経験とリーダーシップでチームを助けた。プレーはもちろんのこと、その経験値とキャプテンシーでNTTコミュニケーションズをサポートする。

◆伯父であるロイはスコットランド代表でキャプテンを務め、ライオンズ遠征にも4回選ばれた伝説的なSH。その息子クラークは現ニュージーランド男子セブンズのHC(ヘッドコーチ)という、ラグビー一家に育った。パクチーが苦手だという。

TEXT by 斉藤健仁

トップリーグ注目選手一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります