ブロディ・レタリック(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

注目選手

ブロディ・レタリック

ブロディ・レタリック

Brodie Retallick

  • 生年月日

    1991年5月31日

  • 出身

    ニュージーランド

  • 所属

    神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    204cm/118kg

  • 主な経歴

    チーフス

  • ニュージーランド代表キャップ

    81 ※2015・2019年ワールドカップ代表
    ※2021年1月6日現在

  • インスタグラム

    @Brodie_Retallick

空中戦、接点も強い、身長2mを超す世界最高峰のLO

長身を生かし、ラインアウトはもちろんのこと、接点にも強くパワーも機動力もある世界最高峰のLO。ニュージーランドのクライストチャーチボーイズ高校から、ホークス・ベイで国内リーグのITM杯(現・Mitre10杯)でプレー。その後も各カテゴリーでの代表を経験し、2011年のU20世界選手権に出場。

2012年にチーフスでスーパーラグビーデビューを果たすと、シーズン終盤にはレギュラーLOとして定着。その活躍で同年の6月にオールブラックスに初めて招集され、アイルランド戦で初キャップを獲得し、すぐに主力となった。

2014年にはサム・ホワイトロック(元パナソニック)とオールブラックスで不動のLOコンビとなり、その年のワールドラグビーにおける年間最優秀選手賞を最年少で受賞。この記録はいまだに破られていない。2015年ワールドカップで、主力選手として、準々決勝のフランス戦でトライを取るなど、オールブラックスの優勝に貢献し、オールブラックスのレジェンド、コリン・ミーズと並び称されるLOの地位を確立した。

2017年は家族の不幸があり、シーズン後半は代表戦には出場しなかったが、2018年のスーパーラグビーで活躍し、オールブラックスにも復帰。2019年ワールドカップ出場後、神戸製鋼に加入。連覇のためには欠かせない支柱だ。

◆叔父のジョン・アッシュワースも元オールブラックスのPRだった。ラグビーをやっていなければバスケットボールの選手になりたかったといい、プレッシャーに強いバスケットボールの名選手だったコービー・ブライアントを敬愛している。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION

  • Q.今の自分がある、一番の人生の分岐点はいつだったと思いますか?

    特定の時期はないけれど、学び続けている

  • Q.ラグビー人生で一番影響を受けた人は誰ですか?

    幸運にも、2012年にチーフスへやって来たそのときから、とても良いコーチたちに恵まれている

  • Q.ラグビー選手になってよかったと思う瞬間はどんな時ですか?

    これを当たり前のことと思ったことは一度もない

  • Q.自分を動物に例えると?

    キリン

  • Q.あなたにとっての宝物は何ですか?

    家族

  • Q.キャッチフレーズ

    既婚者です

  • Q.好きな海外のラグビーチーム、選手、監督を教えてください

    チーフス

  • Q.今、一番会いたい人は?

    ノトーリアスB.I.G.

  • Q.ステイホームで始めた事やハマった事はありますか?

    プレステで遊びまくった

  • Q.よく作る料理(一番得意な)はありますか?

    バーベキュー

  • Q.日本(もしくは海外)で行ってみたいところはありますか?

    北海道

  • Q.日本に来てびっくりしたことはありますか?

    色々な町を訪れるのが楽しい

トップリーグ注目選手一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります