アタアタ・モエアキオラ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)

ワールドカップで活躍したトップリーガーたち

アタアタ・モエアキオラ

アタアタ・モエアキオラ

Ataata Moeakiola

  • 生年月日

    1996年2月6日

  • 出身

    トンガ

  • 所属

    神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  • ポジション

    WTB(ウィング)

  • 身長/体重

    185cm/108kg

  • 足のサイズ

    30.5cm

  • 主な経歴

    目黒学院→東海大学→チーフス

  • 日本代表キャップ

    4(2019年ワールドカップ日本代表)
    ※2020年1月10日現在

昨年はチーフスで研鑽を積んだ、突破力が武器の若きWTB

2019年は大卒ですぐにチーフスでプレーしたことが、日本代表メンバー入りにつながったが、ワールドカップの出場はかなわなかった若きWTB。昨年度は東海大学のキャプテンとしてチームを引っ張った大型BK(バックス)で、SO(スタンドオフ)、CTB(センター)でもプレーできる器用さもウリ。

12歳からラグビーを始め、中学3年時に東海大学でもチームメイトだったNO8(ナンバーエイト)テビタ・タタフ(現・サントリー)と一緒にトンガから来日。目黒学院高校時代は2年生の時に花園に出場。高校時代は主にSOとしてプレー。高校日本代表には2年時に選出され、大学入学後はU20日本代表にも選出。2016年4月の韓国代表戦に途中出場しキャップを獲得した。

さらに同年6月のU20世界選手権では、U20日本代表の中軸として活躍、南アフリカ戦でハットトリックを達成する活躍を見せ、トライ王にも輝いた。そのプレーぶりが評価され、2017年はサンウルブズにも加入したものの、練習中に肩を負傷してしまった。

大学4年時は東海大学のキャプテンとしてチームを引っ張り、関東大学リーグ戦で優勝に導いたが、大学選手権では準々決勝で敗退。2019年からは神戸製鋼に入団するとともに、「夢だった」というチーフスでもプレー。その活躍も評価されて、唯一の海外組日本代表スコッド入りを果たした。

突破力はチーフスの活躍でも折り紙付きである。ニュージーランドでかなり体重も絞り、機動力も増した。トップリーグでも1年目から大活躍し、新人賞に輝きたい。

◆U20世界選手権で活躍した時、ワールドラグビーのTwitterでは「新幹線」に喩えられたほど。好きな寿司ネタはまぐろ、サーモン、ウニ。好きな言葉はトンガ語で「感謝、ありがとう」を意味する「Malo(マロ)」。試合前には音楽を聴いて集中力を高めている。愛称は「アタ」「キオラ」。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

テビタ・タタフはトンガ時代から一緒で、中学3年から目黒学院中学に留学し、目黒学院高校、東海大学でも一緒にプレーした。加藤竜聖は東海大学時代、モエアキオラが主将、加藤が副将でチームを引っ張った。ブロディ・レタリックはチーフス、神戸製鋼でチームメート。ダン・カーターは子供の頃の憧れていた選手のひとりで、今は神戸製鋼でチームメートだ。

ワールドカップで活躍したトップリーガー一覧

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります