ワラターズ(オーストラリア)

WARATAHS

ワラターズ
WARATAHS

「ターズ」の愛称で知られるワラターズ。オーストラリアの国際都市シドニーのあるニューサウスウェールズ州を本拠とする強豪。本拠地は、過去にオリンピックのサッカーや、ラグビーワールドカップ会場にもなった、アリアンツ・スタジアムである。原住民であるアボリジニの言葉で「赤い花」を意味する州の花「ワラタ」からチーム名を取り、エンブレムにも描かれている。

1996年の初年度からスーパーラグビーに参入しているチームの1つで、2000年代に入ると徐々に力をつけてきて2005年、2008年に準優勝を果たした。そして、2014年、前オーストラリア代表HC(ヘッドコーチ)のマイケル・チェイカが指揮を執り、攻撃的なラグビーでチームに初優勝をもたらした。

2016年からは元ニュージーランド代表のダリル・ギブソンが指揮官を務めた。2018年はベスト4に進出するなど力を発揮したが、昨年は王者・クルセイダーズに、ホームで20-12と勝った翌週にサンウルブズにホームで29-31と敗戦するなど波が大きく、6勝10敗と再び低迷し、全体の12位に沈んでしまった。

そこで今年から、HCとしてNTTコミュニケーションズや豊田自動織機の指揮官だった、ニュージーランド出身のロブ・ペニーに白羽の矢が立った。また、オーストラリア代表100キャップのLO(ロック)のロブ・シモンズがキャプテンを務め、やはりワラビーズ92キャップのCTB(センター)カートリー・ビールがバイスキャプテンとなりチームを牽引する。

FW(フォワード)は突破力とジャッカルが得意で、リーダーシップに長けたオーストラリア代表のキャプテンであるFL(フランカー)マイケル・フーパーを中心に、LO(ロック)ネド・ハニガン、FL(フランカー)ジャック・デンプシーら、代表キャップホルダーが軸となっている。

BK(バックス)もSH(スクラムハーフ)ニック・フィップス、SO(スタンドオフ)バーナード・フォーリー、FB(フルバック)イズラエル・フォラウらは抜けたものの、FB(フルバック)カーマイケル・ハント、新加入のジャック・マドックスなど、経験値の高い選手が多い。また、豊田自動織機から元7人制日本代表のCTB(センター)/WTB(ウィング)シオシファ・リサラも加入した。

若い選手を積極的に起用するのが上手いペニーHCの下、プレーオフを見据えてニュージーランド、南アフリカのチームとどう戦いかがカギとなろう。オーストラリアではカンファレンス上位に入り、まず、しっかりとプレーオフに進出したい。

カンファレンス
オーストラリアカンファレンス
本拠地
シドニー
スタジアム
アリアンツ・スタジアム
ヘッドコーチ
ロブ・ペニー(2020年~)
主な成績
優勝1回(2014年)、準優勝2回(2005年、2008年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
19966位(5勝6敗)
19979位(4勝7敗)
19986位(6勝4敗1分)
19998位(4勝6敗1分)
20009位(5勝6敗)
20018位(5勝6敗)
2002セミファイナル敗退2位(8勝3敗)
20035位(6勝5敗)
20048位(5勝6敗)
2005準優勝2位(9勝2敗)
2006セミファイナル敗退3位(9勝4敗)
200713位(3勝9敗1分)
2008準優勝2位(9勝3敗1分)
20095位(9勝4敗)
2010セミファイナル敗退3位(9勝4敗)
20111回戦敗退5位(10勝6敗)
201211位(4勝12敗)
20139位(8勝8敗)
2014優勝1位(12勝4敗)
2015セミファイナル敗退2位(11勝5敗)
201610位(8勝7敗)
※NZ・豪州グループ6位・オーストラリアカンファレンス2位
201716位(4勝11敗)
※NZ・豪州グループ9位・オーストラリアカンファレンス5位
2018セミファイナル敗退3位(9勝1分6敗)
※オーストラリアカンファレンス1位
201912位(6勝10敗)
※オーストラリアカンファレンス3位

メンバー

アレックス・ニューサム

アンガス・ベル

キャメロン・クラーク

カルロ・ティッツァーノ

チァーリー・ギャンブル

クリス・タラカイ

ダミアン・フィッツパトリック

ハリー・ジョンソンホームズ

ヒュー・シンクレア

ジャック・デンプシー

ジャック・マドックス

ジェイク・ゴードン

ジェームズ・ラム

ジェド・ホローウェイ

ジョー・コットン

ジョーイ・ウォルトン

カーマイケル・ハント

ラクラン・スウィントン

ララカイ・フォケティ

マック・マイソン

マーク・ナワンガニタワゼ

マイケル・マクドナルド

ミッチ・ショート

ネド・ハニガン

パトリック・タファ

ロビー・アベル

ロリー・オコナー

ライアン・マッコーリー

テパイ・モエロア

テテラ・フォークナー

トム・ホートン

トム・ロバートソン

トーマス・スタニフォース

ウィリアム・ハリス

ウィル・ハリソン

アンドリュー・トゥアラ

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります