ストーマーズ(南アフリカカンファレンス)

STORMERS

ストーマーズ
STORMERS

2019年のワールドカップで南アフリカ代表を優勝に導いたスプリングボクスが7人もおり、今年、最も注目されるチームの1つがストーマーズだろう。南アフリカ国内でもラグビー人気の高いケープタウンを本拠地とする強豪で、ホームスタジアムはDHLニューランズである。

1996年のスーパーラグビー初年度から参入し、伝統的に守備には定評があるチームとして知られているが、なかなか上位進出はかなわなかった。2010年から9勝、12勝、14勝と強さを見せたものの、2010年以外はプレーオフで力を発揮することができなかった。

2015年ワールドカップの後、前日本代表のエディー・ジョーンズが就任したが、すぐにイングランド代表の指揮を執ることが決まり、アシスタントコーチだったロビー・フレックが昇格した。

2016年、2017年も2桁10勝を挙げてプレーオフに進出したが、ともに1回戦で敗退。勝負弱く、なかなか上位進出することができなかった。2018年は6勝しか挙げることができず、カンファレンス4位となり、プレーオフ進出できなかった。昨年もワールドカップ前ということもあって、代表選手を試合に出すことができず、全体10位でまたしてもプレーオフに進出できなかった。

今年からは、作家でスポーツメディアの創設者でもあるジョン・ドブソンがHC(ヘッドコーチ)に就任。またDHLニューランズでの最後の年となり、結果が求められるシーズンとなろう。

LO(ロック)エベン・エツベスこそ、フランス・トゥーロンへ移籍したが、FW(フォワード)にはキャプテンのFL(フランカー)シヤ・コリシ、PR(プロップ)スティーヴン・キッツォフ、フランス・マルハーバ、HO(フッカー)ホンギ・ンボナンビ、昨年のワールドラグビーの世界最優秀選手FL/LO(ロック)ピーター=ステフ・デュトイなどワールドカップ優勝に貢献したスプリングボクスが顔をそろえる。やはりスクラム、ラインアウトといったセットプレーで相手にプレッシャーをかけたい。

また、BK(バックス)陣を見ても、CTB(センター)ダミアン・デアエリンディがパナソニックに移籍した以外は、昨年ブレイクしたSH(スクラムハーフ)ハーシェル・ヤンチース、攻撃的司令塔のSO(スタンドオフ)ダミアン・ヴィレムセとタレントは揃っている。

さらに、元ウェールズ代表のCTB(センター)ジェイミー・ロバーツが新加入、スピードスターのWTB(ウィング)セルジール・ピーターセン、南アフリカ7人制代表の元スター選手でワールドシリーズにおいて200トライを挙げているシアベロ・セナトラもおり、個々の能力は高い。

今年は南アフリカカンファレンスの中でも、選手層の厚さにおいては頭一つ抜けた存在だろう。ワールドカップの勢いのままカンファレンスを首位で通過しプレーオフに進出して、強いストーマーズを復活させたい。

カンファレンス
南アフリカカンファレンス
本拠地
ケープタウン
スタジアム
DHLニューランズ
ヘッドコーチ
ジョン・ドブソン(2020年~)
主な成績
準優勝1回(2010年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
199611位(3勝7敗1分)
19989位(3勝8敗)
1999セミファイナル敗退2位(8勝3敗)
20005位(6勝4敗1分)
20017位(5勝6敗)
20027位(5勝6敗)
20039位(5勝6敗)
2004セミファイナル敗退3位(7勝4敗)
20059位(3勝7敗1分)
200611位(4勝8敗1分)
200710位(6勝7敗)
2008セミファイナル敗退5位(8勝4敗1分)
200910位(5勝8敗)
2010準優勝2位(9勝4敗)
2011セミファイナル敗退2位(12勝4敗)
2012セミファイナル敗退1位(14勝2敗)
20137位(9勝7敗)
201411位(7勝9敗)
20151回戦敗退3位(10勝5敗1分)
20161回戦敗退3位(10勝4敗1分)※南アフリカグループ2位、アフリカ1カンファレンス1位
20171回戦敗退3位(10勝5敗)※南アフリカグループ2位、アフリカ1カンファレンス1位
201811位(6勝10敗)※南アフリカカンファレンス4位
201910位(7勝8敗1分)南アフリカカンファレンス5位

メンバー

/rugby/superrugby/players/steven-kitshoff/

スティーヴン・キッツォフ

フランス・マルハーバ

フランス・マルハーバ

アリスター・フェルマーク

アリスター・フェルマーク

ジョニー・コッツァ

ジョニー・コッツァ

チャド・ソロモン

チャド・ソロモン

クリス・ファン セイル

クリス・ファン セイル

コーバス・ヴィーセ

コーバス・ヴィーセ

ダミアン・ヴィレムセ

ダミアン・ヴィレムセ

ダニエル・デュプレッシー

ダニエル・デュプレッシー

デイビッド・クリエル

デイビッド・クリエル

デイヴィッド・メイハイゼン

デイヴィッド・メイハイゼン

ディオン・カルステンス

ディオン・カルステンス

ディリン・レイズ

ディリン・レイズ

エドウィル・ファンデルメルヴェ

エドウィル・ファンデルメルヴェ

アーンスト・ファンライン

アーンスト・ファンライン

ゴドレン・マシムラ

ゴドレン・マシムラ

ヤコ・タウタ

ヤコ・タウタ

ジェイミー・ロバーツ

ジェイミー・ロバーツ

JD・シッカーリング

JD・シッカーリング

ジャン ルック・デュプレッシー

ジャン ルック・デュプレッシー

ヨハン・デュトイ

ヨハン・デュトイ

ジュアルノ・オーハスタス

ジュアルノ・オーハスタス

クウェンゾ・ブローズ

クウェンゾ・ブローズ

レオリン・ザス

レオリン・ザス

マイケル・ハズナー

マイケル・ハズナー

ナマ・サバ

ナマ・サバ

ニースリング・フォウチェ

ニースリング・フォウチェ

ポール・デュウェット

ポール・デュウェット

リカス・プレトリアス

リカス・プレトリアス

ルアン・ネル

ルアン・ネル

サラマン・モエラット

サラマン・モエラット

スカーラ・ントゥベニ

スカーラ・ントゥベニ

シアベロ・シナトラ

シアベロ・シナトラ

セルジール・ピーターセン

セルジール・ピーターセン

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります