シャークス(南アフリカカンファレンス)

SHARKS

シャークス
SHARKS

優勝こそないものの、準優勝4回、セミファイナル敗退4回と南アフリカではブルズに次ぐ成績を残してきた強豪チーム1つだ。南アフリカ東岸のダーバンにあるグロースポイント・キングス・パークをホームスタジアムとする。

2016年から3年連続、8位でプレーオフに進出したが、残念ながら1回戦で敗退している。2016年は元神戸製鋼で現在アメリカ代表を指揮するギャリー・ゴールドHC(ヘッドコーチ)が指揮していたが、2017年からスキル&アタックコーチだったロバート・デュプレアがHCに就任した。自身は南アフリカ代表SH(スクラムハーフ)として7キャップを持つ。

一昨年と昨年、得意とするディフェンスとセットプレーでどうにかプレーオフに進出したが、1回戦で一昨年はライオンズに21-23で惜敗、昨年はクルセイダーズに10-40で敗戦。今年は、南アフリカカンファレンスで上位に入ることができれば、自ずとプレーオフでも勝ち上がれるチームになるはずだ。

シャークスの中心選手はまずデュプレアHCの3人息子だ。長男の長身SO(スタンドオフ)ロバートはロングキッカーで、双子の弟のジャン=ルックとダニエルはともにFW(フォワード)第3列でスプリンブボクス経験者である。ジャン=ルックは昨年のスーパーラグビー全体のベスト15にも選出された。

今年はHCと同じポジションの南アフリカ代表経験もあるSHルイ・シュラウダーがキャプテン、そして南アフリカ代表108キャップを持つ「ビースト」ことベテランPR(プロップ)テンダイ・ムタワリラが副キャプテンに指名された。つまりFW、BK(バックス)、それぞれの中心選手をリーダーに指名したというわけだ。

他にもFWには、スプリングボクスデビューを果たしたPR(プロップ)トーマス・デュトイ、国際経験豊富なHO(フッカー)チリボーイ・イラペレ、昨年のキャプテンでありクボタでもプレーしたLO(ロック)ルアン・ボタらがいる。

BKには宗像サニックスでプレーしたCTB(センター)アンドレ・エスターハイゼン、WTB(ウィング)マカゾレ・マピンピ、WTBルワジ・ンヴォヴォ、WTBシブシソ・ンコシ、FB(フルバック)カーウィン・ボッシュらがスプリングボクス経験者であり、ナミビア代表の中心選手CTB(センター)ヨハン・デイセルもいる。

デュプレア体制3年目で、今年は勝負の年となろう。また、シャークスとほぼ同じメンバーでデュプレアHCが率いたナタールシャークスが、国内のカリー・カップで見事に優勝を果たした。その自信と勢いをスーパーラグビーにもぶつけたいところだろう。

シャークスにはFW、BKにも能力の高い選手も多く、かみ合えば今年のスーパーラグビーでもおもしろい存在になりそうだ。まずはスタートダッシュを決めて、南アフリカカンファレンスで上位進出を狙いたい。

カンファレンス
南アフリカカンファレンス
本拠地
ダーバン
スタジアム
グロースポイント・キングス・パーク
ヘッドコーチ
ロバート・デュレア(2017年~)
主な成績
優勝なし、準優勝4回(1996年、2001年、2007年、2012年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
1996準優勝4位(6勝5敗)
1997セミファイナル敗退4位(5勝4敗2分)
1998セミファイナル敗退3位(7勝4敗)
19997位(5勝5敗1分)
200012位(1勝9敗1分)
2001準優勝2位(8勝3敗)
200210位(4勝7敗)
200311位(3勝8敗)
20047位(5勝6敗)
200512位(1勝9敗1分)
20065位(7勝6敗)
2007準優勝1位(10勝3敗)
2008セミファイナル敗退3位(9勝3敗1分)
20096位(8勝5敗)
20109位(7勝6敗)
20111回戦敗退6位(10勝5敗1分)
2012準優勝6位(10勝6敗)
20138位(8勝8敗)
2014セミファイナル敗退3位(11勝5敗)
201511位(7勝9敗)
20161回戦敗退8位(9勝5敗1分)
※南アフリカグループ3位、アフリカ2カンファレンス2位
20171回戦敗退8位(9勝5敗1分)
※南アフリカグループ3位、アフリカ2カンファレンス2位
20181回戦敗退8位(7勝1分8敗)
南アフリカカンファレンス3位

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります