ライオンズ(南アフリカカンファレンス)

LIONS

ライオンズ
LIONS

アフリカでも有数の国際都市・ヨハネスブルクを中心に活動し、2016年から3年連続準優勝に輝いたライオンズ。ホームは「エミレイツエアライン・パーク」(エリス・パーク)である。

1996年から、チーターズと合同チームの「キャッツ」としてスーパーラグビーに参戦し、2000年、2001年はセミファイナルに進出した。だが、その後は低迷し、最下位がほぼ定位置だった。2006年から「ライオンズ」とチーム名称を変更したが、2010年は全敗、2013年はスーパーラグビーから降格する憂き目も見た。

2014年にスーパーラグビーに復帰し、降格時からチームを率いていたヨハン・アッカルマンHC(ヘッドコーチ)の指導の下、2014年は7勝を挙げて12位、2015年は9勝を挙げて8位。

そして2016年はNO8(ナンバーエイト)ウォーレン・ホワイトリー主将、SO(スタンドオフ)エルトン・ヤンチースらが躍動し、11勝を挙げて全体2位でプレーオフに進み、決勝進出。初優勝こそならなかったが、ライオンズ旋風を巻き起こした。2017年も総合成績1位で2年連続プレーオフ決勝に進んだが、クルセイダーズに敗れた。

2018年、コーチだったスイス・デブルーインが指揮官に昇格。リーグ戦は9勝7敗となかなか調子は上がらなかったものの、カンファレンス1位でプレーオフに進出し、3度目の決勝に進出した。だが、再びクルセイダーズに敗れて準優勝に終わった。

しかし、昨年は開幕から低迷、シーズン途中でデブルーインHC(ヘッドコーチ)が辞任し、S&Cコーチだったイヴァン・ファンルーエンHC(ヘッドコーチ)が就任したが、カンファレンス4位となり、4シーズンぶりにプレーオフに進めなかった。

昨年に続いて今年はファンルーエンHC(ヘッドコーチ)が指揮をするが、HO(フッカー)(フッカー)マルコム・マークス、FL(フランカー)クワッガ・スミスなど、スプリングボクスのメンバーの多くが移籍。ワールドカップ優勝メンバーはSO(スタンドオフ)ヤンチースのみとなってしまい、戦力ダウンは否めない。

それでも、ヤンチースやSH(スクラムハーフ)ロス・クロニエらを筆頭に、欧州から戻ったPR(プロップ)ヤニー・デュプレッシー、LO(ロック)マーヴィン・オリー、WTB(ウィング)コートナル・スコーサン、万能BK(バックス)のアンドリース・クッツェーら南アフリカ代表のキャップホルダーらがチームの軸となるだろう。

またPRカールー・サディー、NO8レン・マシン、FB(フルバック)タイローン・グリーンら22歳前後の有望な若手選手も多い。ファンルーエンHCの下、ベテランと若手選手が融合し、今年は再び、プレーオフ進出なるか。

カンファレンス
南アフリカカンファレンス
本拠地
ヨハネスブルク
スタジアム
エミレーツエアライン・パーク
ヘッドコーチ
イヴァン・ファンルーエン(2019年~)
主な成績
準優勝3回(2016年、2017年、2018年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
1996 10位(3勝8敗)
1997 5位(5勝5敗1分)
1998 12位(2勝9敗)
1999 11位(4勝7敗)
2000 セミファイナル敗退 4位(7勝4敗)
2001 セミファイナル敗退 3位(7勝4敗)
2002 11位(1勝9敗)
2003 12位(2勝9敗)
2004 12位(1勝10敗)
2005 11位(1勝9敗1分)
2006 13位(2勝10敗1分)
2007 12位(5勝8敗)
2008 14位(2勝10敗1分)
2009 12位(4勝9敗)
2010 14位(13敗)
2011 14位(3勝12敗1分)
2012 15位(3勝13敗)
2013
2014 12位(7勝9敗)
2015 8位(9勝6敗1分)
2016 準優勝 2位(11勝4敗)
※南アフリカグループ1位、アフリカ2カンファレンス1位
2017 準優勝 1位(14勝1敗)
※南アフリカグループ1位、アフリカ2カンファレンス1位
2018 準優勝 2位(9勝7敗)
※南アフリカカンファレンス1位
2019 9位(8勝8敗)
※南アフリカカンファレンス4位

メンバー

アンドレ・ワーナー

アンドレ・ワーナー

アンドリース・クッツェー

アンドリース・クッツェー

カールー・サディー

コートナル・スコーサン

コートナル・スコーサン

カイル・ブリンク

ヤノ・フェンターr

ダン・クリエル

ディロン・スミット

ダンカン・マシューズ

ディラン・スミス

フランス・ファンヴァイク

ジャン二・ロンバード

ハチヴァ・ダイマニ

ジョハンコ・デヴィリアーズ

ヤコ・クリエル

ジャンバ・ウレンゴ

ヤンへニング・カンファー

ジャンルイス・ラグランジュ

ヤニー・デュプレッシー

ヨハネス・ヨンカー

ピーター・ジャンセン

レン・マシン

ロウリッツ・ファンデルシュフ

マヌエル・ラス

マルコ・ヤンセ・ファンレンズバーグ

マルナス・スクーマン

マーヴィン・オリー

モルネ・ファンデンベルグ

ネイサン・マクベス

ルアン・ボタ

レインハード・ノートナーゲル

ライノー・ハーブスト

ルーロフ・スミット

ロス・クロニエ

ルアン・フェルマーク

ルーベン・スクーマン

ショーン・レイノルズ

スティアン・ピナール

スティ・シトレ

ティアン・スワネーブル

タイロン・グリーン

ヴィンセント・チトゥカ

ワンディシル・シメラネ

ウィルヘルム・ファンデルスライス

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります