Visitor Monitoring
  1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

出場チーム紹介出場チーム紹介

ライオンズ/南アフリカ カンファレンス2/本拠地:ヨハネスブルク

【スタジアム】
エミレーツエアライン・パーク

【監督】
ヨハン・アッカルマン(2012年〜)
【主な成績】
準優勝1回(2016年)

ホームユニフォーム

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
199610位(3勝8敗)
19975位(5勝5敗1分)
199812位(2勝9敗)
199911位(4勝7敗)
2000セミファイナル敗退4位(7勝4敗)
2001セミファイナル敗退3位(7勝4敗)
200211位(1勝9敗)
200312位(2勝9敗)
200412位(1勝10敗)
200511位(1勝9敗1分)
200613位(2勝10敗1分)
200712位(5勝8敗)
200814位(2勝10敗1分)
200912位(4勝9敗)
201014位(13敗)
201114位(3勝12敗1分)
201215位(3勝13敗)
2013
201412位(7勝9敗)
20158位(9勝6敗1分)
2016準優勝2位(11勝4敗)

アフリカでも有数の国際都市・ヨハネスブルクを中心に活動するライオンズ。ホームスタジアムは、エミレイツエアライン・パーク(エリス・パーク)。1996年から、チーターズと合同チームの「キャッツ」としてスーパーラグビーに参戦。2000、2001年はセミファイナルに進出したが、その後は最下位がほぼ定位置。

2006年からライオンズと名称を変更したものの効果もなく、2010年は全敗。2013年にはスーパーラグビーから降格する憂き目も見た。2014年に再びスーパーラグビーに復帰し、降格時からチームを率いていたヨハン・アッカルマン ヘッドコーチの指導も実り、2014年は7勝を挙げて12位。2015年は9勝を挙げて8位と調子を上げた。

そして2016年は、NO8ウォーレン・ホワイトリー キャプテンを筆頭に、SHファフ・デクラーク、SOエルトン・ヤンチースのハーフ団、FLヤコ・クリエル、CTBライオネル・マプーが活躍。開幕から好調を維持し、トライ数は18チーム中トップの71を誇り、プレーオフでも決勝に進出した。

ハリケーンズに敗れて初優勝こそならなかったが、ライオンズ旋風を巻き起こすことに成功した。今シーズンは指揮官も中軸メンバーも変わらず、信条とするアタッキングラグビーで、初優勝を狙う。

メンバー

参加チーム

南アフリカグループ

アフリカ カンファレンス1

ブルズ

チーターズ

ストーマーズ

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ

アフリカ カンファレンス2

キングス

ライオンズ

シャークス

ジャガーズ

オーストラリア・ニュージーランドグループ

オーストラリア カンファレンス1

ワラターズ

ブランビーズ

フォース

レッズ

レベルズ

ニュージーランド カンファレンス2

クルセイダーズ

チーフス

ハイランダーズ

ハリケーンズ

ブルーズ

J SPORTSでラグビーを見るならスカパー!
J SPORTS オンデマンド
J SPORTSでラグビーを見るならスカパー!
J SPORTS オンデマンド
J SPORTSオンラインショップ

このページの上部に戻る



J SPORTS オンデマンド
J SPORTS オンデマンド
ラグビーを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

2月23日開幕!スーパーラグビー2017 ナビ 【チーフス編】

スーパーラグビー2017は毎節4試合放送!J SPORTSオンデマンドでは全142試合放送!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

ラグビー 人気記事ベスト3

ラグビー記事一覧

twitter J SPORTS ラグビー


本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.