ハリケーンズ(ニュージーランドカンファレンス)

HURRICANES

ハリケーンズ
HURRICANES

2016年、悲願の初優勝を果たしたハリケーンズ。ニュージーランドの首都で、「風の街」として知られるウェリントンを中心に本拠地を構える強豪の1つで、ホームスタジアムはウェストパック・スタジアム。

1996年からスーパーラグビーに参戦しているが、なかなか上位に進出できず、プレーオフに進出しても準々決勝止まりだった。2011~2014年の4年間、元サンウルブズのHC(ヘッドコーチ)であるマーク・ハメット(現ハイランダーズアシスタントコーチ)が指揮していたが、残念ながらプレーオフに進出することができなかった。

2015年からは、ITMカップ(ニュージーランド州代表選手権/現・Mitre10カップ)のウェリントンや、U20ニュージーランド代表の指揮官を歴任したクリス・ボイド HCが就任すると、早々にその手腕を発揮した。

2015年は、14勝2敗という好成績で、全体1位でプレーオフに進出したが決勝でハイランダーズに敗れて涙を呑んだ。しかし、翌2016年も全体1位でプレーオフに進出すると、決勝でライオンズ(南アフリカ)に勝利し、初優勝を飾った。

2017年は準決勝で、そのライオンズに敗れ、連覇の夢は叶わず、2018年もニュージーランドカンファレンス2位でプレーオフに進出したが、セミファイナルで敗れた。

2019年シーズンは、ボイドHCがイングランドのプレミアシップ、ノーサンプトン・セインツの指揮官に就任したため、日本代表のディフェンスコーチも務めている、コーチのジョン・プラムツリーがHCに昇格した。ディフェンスに定評のあるコーチだけに、より激しく前に出るディフェンスで相手にプレッシャーをかけることになるはずだ。

また、FL(フランカー)ブラッド・シールズ、WTB(ウィング)ジュリアン・サヴェアらが移籍したが、主力の移籍はなくアタック力は健在だろう。

2016年、2017年と2年連続ワールドラグビー最優秀選手賞に輝いた、オールブラックスでも司令塔を務める攻撃的なSO(スタンド)ボーデン・バレット、そしてオールブラックスでもコンビを組む、昨年のスーパーラグビーベスト15のSH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラの2人がその中心を担う。

FW(フォワード)はケガから復帰したキャプテンHO(フッカー)デイン・コールズ、PR(プロップ)ジェフリー・トゥーマンガアラン、FLアーディー・サヴェア、CTB(センター)ンガニ・ラウマペ、マット・プラクター、WTBネヘ・ミルナースカッダー、FB(フルバック)ボーデンの弟であるジョーディー・バレットらオールブラックスがずらりとならぶ豪華な布陣は今年も変わらない。

他にもオーストラリア代表経験のあるPRトビー・スミス、LOサム・ラウシ、NO8(ナンバーエイト)ガレス・エヴァンス、CTBヴィンス・アソ、WTBベン・ラムら実力者も控える。

昨年はニュージーランドカンファレンス2位だったハリケーンズ、プラムツリー新HCの手腕にも耳目が集まることになろう。

能力の高い選手も揃い、今年も優勝を争うと予想されるが、激戦必至のニュージーランドカンファレンスでしっかりと調子を上げて、クルセイダーズの3連覇を止めて王者に返り咲きたい。

カンファレンス
ニュージーランドカンファレンス
本拠地
ウェリントン
スタジアム
ウェストパック・スタジアム
ヘッドコーチ
ジョン・プラムツリー(2019年~)
主な成績
優勝1回(2016年)、準優勝2回(2006年、2015年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
19969位(3勝8敗)
1997セミファイナル敗退3位(6勝5敗)
19988位(5勝6敗)
199910位(4勝6敗1分)
20008位(6勝5敗)
20019位(5勝6敗)
20029位(5勝6敗)
2003セミファイナル敗退3位(7勝4敗)
200411位(4勝6敗1分)
2005セミファイナル敗退4位(8勝3敗)
2006準優勝2位(10勝3敗)
20078位(6勝7敗)5位?
2008セミファイナル敗退4位(8勝4敗1分)3位?
2009セミファイナル敗退3位(9勝4敗)
20108位(7勝5敗1分)
20119位(5勝9敗2分)
20128位(10勝6敗)
201311位(6勝10敗)
20147位(8勝8敗)
2015準優勝1位(14勝2敗)
2016優勝1位(11勝4敗)
※NZ・豪州グループ1位、NZカンファレンス1位
2017セミファイナル敗退5位(12勝3敗)
※NZ・豪州グループ3位、NZカンファレンス2位
2018セミファイナル敗退4位(11勝5敗)
ニュージーランドカンファレンス2位

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります