チーフス(ニュージーランドカンファレンス)

CHIEFS

チーフス
CHIEFS

2012年、2013年と2連覇を達成したニュージーランドの強豪チーフス。ニュージーランド第4の都市で、北島にあるハミルトンのワイカトスタジアムを本拠地としている。比較的、マオリが多く住んでいる地域として知られている。

2015年から2017年まで日本代表のキャプテンを務めるリーチ マイケルがNO8(ナンバーエイト)としてレギュラーポジションを獲得し、2016年にはpr(プロップ)山下裕史も在籍し、彼らの活躍によって、日本でもその名が知られるようになった。

スーパーラグビー初年度から参加していたものの、2000年代前半までは優勝を争えるようなチームではなかった。だが、2000年代後半から徐々に力をつけて、2012年からはデイヴ・レニーHC(ヘッドコーチ)が就任し、一気に力をつけてスーパーラグビー2連覇を達成した。

昨年、そのレニーHCがスコットランドのグラスゴーへ移ると、同じくマオリ系で、ハリケーンズなどの指揮官も務めたコリン・クーパーが新たに指揮官に就任した。優勝こそならなかったが11勝を挙げて、7年連続となるプレーオフに進出した。

今年もクーパー体制でスーパーラグビーに臨むチーフスは、優勝を狙える力は十分にあろう。オールブラックスでリッチー・マコウの後継者とも言われるFL(フランカー)サム・ケインとはキャプテン4年目となるが、昨年の首のケガの影響が心配されるが、接点での働きは国内でも随一だろう。

FW(フォワード)がセットプレー、接点でしっかりと仕事をするのがチーフスの持ち味である。第1列はPRケイン・ヘイムズ、ネポ・ラウララ、アンガス・タアヴァオ、HO(フッカー)ネイサン・ハリスらオールブラックス経験者も多い。

LO(ロック)には2014年の世界最優秀選手で、昨年もスーパーラグビーのベスト15に選出されたオールブラックスのブロディー・レタリック、3列でもプレー可能なカナダ代表タイラー・アードロンがいる。

BK(バックス)にもタレントが揃う。中心選手は、昨年はFB(フルバック)だけでなくSO(スタンドオフ)としても活躍した、オールブラックスのダミアン・マッケンジーだ。

マッケンジーはSOとしてスーパーラグビーのベスト15とMVPに選出されるほどの活躍だった。また、日本のHondaやレベルズでもプレーした長身のジャック・デブレチェニも加入し、2人でSOとFBを務めることになろう。

SH(スクラムハーフ)には昨年、オールブラックスデビューを果たしたテトイロア・タフタフリオランギ、ニュージーランド代表1キャップのブラッド・ウェバーが争う。

CTB(センター)にはオールブラックスでも存在感を示しているアントン・レイナートブラウン、WTB(ウィング)には、昨年のスーパーラグビーでクリーンブレイク数トップのソロモン・アライマロがいる。レイナートブラウンとアライマロはそれぞれスーパーラグビーの昨年のベスト15にも選出された選手だ。

WTBトニ・プルらは移籍したが、オールブラックスセブンズで活躍したWTBエトネ・ナナイ=セトゥーロ、そして東海大学で主将も務めた日本代表2キャップWTBアタアタ・モエアキオラ(神戸製鋼)が新加入を果たした。モエアキオラはチーフスでブレイクを果たし、2019年ワールドカップのスコッドを目指す。

昨年、チーフスはプレーオフ初戦でライバルのハリケーンズに32-31と1点差で涙を飲んだ。今年はカンファレンス上位に入って、好位置でプレーオフに進出することが、3度目のスーパーラグビー優勝につながっていく。

カンファレンス
ニュージーランドカンファレンス
本拠地
ハミルトン
スタジアム
ワイカト・スタジアム
ヘッドコーチ
コリン・クーパー(2018年~)
主な成績
優勝2回(2012年、2013年)、準優勝1回(2009年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
19966位(6勝5敗)
199711位(4勝7敗)
19987位(6勝5敗)
19996位(5勝6敗)
200010位(3勝8敗)
20016位(6勝5敗)
20028位(4勝7敗)
200310位(2勝9敗)
2004セミファイナル敗退4位(7勝4敗)
20056位(5勝5敗1分)
20067位(7勝5敗1分)
20076位(7勝5敗1分)
20087位(7勝6敗)
2009準優勝2位(9勝4敗)
201011位(4勝8敗1分)
201110位(6勝9敗1分)
2012優勝2位(12勝4敗)
2013優勝1位(12勝4敗)
20141回戦敗退5位(8勝6敗2分)
20151回戦敗退5位(10勝6敗)
2016セミファイナル敗退6位(11勝4敗)
※NZ・豪州グループ4位、NZカンファレンス3位
2017セミファイナル敗退6位(12勝2敗1分)
※NZ・豪州グループ4位、NZカンファレンス3位
2018準々決勝敗退5位(11勝5敗)
ニュージーランドカンファレンス3位

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります