ブルズ(南アフリカカンファレンス)

BULLS

ブルズ
BULLS

2007年に南アフリカ勢として初のスーパーラグビータイトルを獲得し、2009年、2010年と連覇した強豪がブルズだ。対戦するチームにとっては厳しい環境となる高地の首都プレトリアを本拠地とし、ホームスタジアムはロフタス・ヴァースフェルドである。

1996年のスーパーラグビー初年度こそプレーオフに進出したが、その後は2000年度途中までは良くても真ん中の順位くらいという成績だった。2000年代中盤から実力を付けて、頂点まで上り詰めた。南アフリカのチームらしく、FW(フォワード)の強さを前面に押し出して戦うのが特徴で、セットプレーも強い。

しかし、最近は南アフリカのライバルチームやニュージーランド勢もフィジカル強化が進み、セットプレーでも圧倒することがあまりできなくなってしまった。昨年も黒星が先行し、6勝を挙げたものの南アフリカカンファレンスで屈辱の最下位となってしまい、2014年から5年連続でプレーオフ進出を逃した。

2016、2017年はノリス・マリウスが、2018年はオールブラックスやアメリカ代表を指揮し、南アフリカでコーチ経験も豊富なジョン・ミッチェルが指揮したが、チームを立て直しすることができなかった。

ミッチェルHC(ヘッドコーチ)はイングランド代表のディフェンスコーチに就任したため、今年から、2007年の優勝時のFWコーチで、日本のリコーでも指導経験のあるポート・ヒューマンがHCに就いた。

自身も第3列の選手でFWコーチを長らくやっていたこともあり、接点、そしてセットプレーで他を圧倒するFWの復活を目論んでいる。そのため、キャプテンには昨年のスーパーラグビーベスト15にも輝いた、南アフリカ代表LO(ロック)ルート・デヤハーを指名した。

さらに、一時は引退も表明したスプリングボクスのHO(フッカー)スカルク・ブリッツ、クボタから南アフリカ代表FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレンが新たに加入。

HOアドリアン・ストラウスは引退したものの、PR(プロップ)トレバー・ニャカネ、ホンダにも在籍したLOのRG・スナイマンらスプリングボクス経験者も多く、強力FWは相手に取って驚異となろう。

BK(バックス)を見ても若手の成長株であるSH(スクラムハーフ)エンブロス・ハピエー、不動の司令塔であるSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラード、CTB(センター)ジェシー・クリエル、WTB(ウィング)/FB(フルバック)ウォリック・ヘラントなどの南アフリカ代表経験者が多数おり、個々の能力は高い。

7人制の南アフリカ代表で活躍したWTBロスコ・スペックマンも今年から加入し、得点力は増しそうだ。

強力なFWを軸に、BKがしっかりと得点を重ねて、勝利することができるか。まずは開幕から白星先行でカンファレンス上位につけ、今年こぞ、2013年以来のプレーオフに進出し、強豪復活の狼煙を上げたい。

カンファレンス
南アフリカカンファレンス
本拠地
ブレトリア
スタジアム
ロフタス・ヴァースフェルド
監督
ポート・ヒューマン(2019年~)
主な成績
優勝3回(2007年、2009年、2010年)、準優勝なし
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
1996 セミファイナル敗退 3位(8勝3敗)
1997 8位(3勝5敗3分)
1998 11位(3勝8敗)
1999 12位(1勝10敗)
2000 11位(1勝8敗2分)
2001 12位(2勝9敗)
2002 12位(11敗)
2003 6位(6勝5敗)
2004 6位(5勝5敗1分)
2005 セミファイナル敗退 3位(7勝4敗)
2006 セミファイナル敗退 4位(7勝5敗1分)
2007 優勝 2位(9勝4敗)
2008 10位(6勝7敗)
2009 優勝 1位(10勝3敗)
2010 優勝 1位(10勝3敗)
2011 7位(10勝6敗)
2012 1回戦敗退 5位(10勝6敗)
2013 セミファイナル敗退 2位(12勝4敗)
2014 9位(7勝8敗1分)
2015 9位(7勝9敗)
2016 9位(9勝5敗1分)※南アフリカグループ4位、アフリカ1カンフ
2017 9位(4勝11敗)※南アフリカグループ7位、アフリカ1カンファレン
2018 12位(6勝10敗)※南アフリカカンファレンス5位

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります