ブルズ(南アフリカカンファレンス)

BULLS

ブルズ
BULLS

フィジカルラグビーを武器に2007年に南アフリカ勢として初のスーパーラグビータイトルを獲得し、2009年、2010年と連覇した強豪がブルズだ。対戦するアウェイチームにとっては勝つのが難しい、高地の首都プレトリアを本拠地とし、ホームスタジアムはロフタス・ヴァースフェルドである。

1996年のスーパーラグビー初年度こそプレーオフに進出したが、その後は2000年度途中まではおおよそ中位くらいという成績だった。その後、2000年代中盤から実力を付け、現在クボタの指揮官であるフラン・ルディケHC(ヘッドコーチ)らが、強豪に押し上げた。南アフリカのチームらしくFW(フォワード)の強さを前面に押し出して戦うのが特徴で、もちろんセットプレーも強い。

しかし、近年は南アフリカのライバルチームやニュージーランド勢もフィジカル強化が進み、あまりセットプレーで圧倒できなくなってしまった。一昨年も黒星が先行し、 5年連続でプレーオフ進出を逃した。

そこで、昨年から2007年にブルズが初優勝した時のFW(フォワード)コーチで、日本のリコーでも指導経験のあるポート・ヒューマンがHCに就いた。2019年ワールドカップでも活躍したタレントもおり、6シーズンぶりにプレーオフ進出を果たした。

しかし、今年は南アフリカ代表FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレン(クボタ)、LO(ロック)のRG・スナイマン(→Honda)、SOスタンドオフ)ハンドレ・ポラード(→モンペリエ)、CTB(センター)ジェシー・クリエル(→キヤノン)ら、ワールドカップメンバー6人がチームを去ってしまった影響は否めないだろう。

それでも、FW(フォワード)には副将であるPR(プロップ)トレヴァー・ニャカネ、欧州からチームに復帰したLO(ロック)ジャンドレ・クリヤー、新加入の元スコットランド代表NO8(ナンバーエイト)ジョシュ・ストラウスら実力者も多い。

BK(バックス)は若手の有望株であるSH(スクラムハーフ)エンブローズ・パピエー、若き司令塔SOマニー・リボック、フランスから復帰したベテランSOモルネ・ステイン、キャプテンのCTBバーガー・オーデンドール、7人制で活躍したCTBディラン・セージとWTB(ウィング)ロスコ・スペックマン、15人制代表のFB(フルバック)ウォリック・ヘラントとタレントが揃う。

強力なFWを軸に、BKがしっかりとPG(ペナルティゴール)やトライを重ねて、まずは2年連続プレーオフ進出を目指せるか。昨年、チームを6シーズンぶりにプレーオフに進出させたヒューマンHCの手腕が問われる。

カンファレンス
南アフリカカンファレンス
本拠地
ブレトリア
スタジアム
ロフタス・ヴァースフェルド
ヘッドコーチ
ポート・ヒューマン(2019年~)
主な成績
優勝3回(2007年、2009年、2010年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
1996 セミファイナル敗退 3位(8勝3敗)
1997 8位(3勝5敗3分)
1998 11位(3勝8敗)
1999 12位(1勝10敗)
2000 11位(1勝8敗2分)
2001 12位(2勝9敗)
2002 12位(11敗)
2003 6位(6勝5敗)
2004 6位(5勝5敗1分)
2005 セミファイナル敗退 3位(7勝4敗)
2006 セミファイナル敗退 4位(7勝5敗1分)
2007 優勝 2位(9勝4敗)
2008 10位(6勝7敗)
2009 優勝 1位(10勝3敗)
2010 優勝 1位(10勝3敗)
2011 7位(10勝6敗)
2012 1回戦敗退 5位(10勝6敗)
2013 セミファイナル敗退 2位(12勝4敗)
2014 9位(7勝8敗1分)
2015 9位(7勝9敗)
2016 9位(9勝5敗1分)※南アフリカグループ4位、アフリカ1カンフ
2017 9位(4勝11敗)※南アフリカグループ7位、アフリカ1カンファレン
2018 12位(6勝10敗)※南アフリカカンファレンス5位
2019 1回戦敗退 (8勝6敗2分)※南アフリカカンファレンス2位

メンバー

アボンギレ・ノンコントワナ

アンドリース・フェレーラ

バーガー・オーデンドール(C)

クリス・スミス

コーナル・ヘンドリックス

コーニエル・エルス

ダイアン・ファンデルヴェストハイゼン

ディヴァン・ロッソウ

ディラン・セイジ

エンブロス・パピエー

フランコ・ノーデ

イヴァン・ファンセイル

ヤコ・ヴィサヒ

ジャン・ドロースト

ジャンドレ・ルドルフ

ヨハン・グロベラー

ジョニー・コッツァ

ジョシュ・ストラウス

ジュアンドレ・クリヤー

リゾ・ゴボカ

ルイ・ファンデルヴェストハイゼン

マドット・マボケラ

マニー・リボック

マルコ・ファンステーデン

モルネ・ステイン

ルアン・ノーキア

ルアン・スティアンカンプ

シンフィー・マタンジマ

ティム・アガバ

ウォリック・ヘラント

ヴィアン・フォスロー

ヴィハーン・ハーブスト

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります