ブランビーズ(オーストラリアカンファレンス)

BRUMBIES

ブランビーズ
BRUMBIES

オーストラリアの代表する強豪チームとして知られ、優勝2回を誇るブランビーズだが、昨年はチームがかみ合わず、黒星が先行してしった。結局、7勝9敗で、オーストラリアカンファレンス3位となり、残念ながらプレーオフに進出できなかった。

チーム名のBrumbieとは、エンブレムにあるように「荒馬」の意だ。オーストラリアの首都キャンペラを本拠地とし、ホームスタジアムはGIOスタジアム・キャンペラだ。

前日本代表の指揮官のエディー・ジョーンズ(現イングランド代表)の「心のチーム」で、ジョーンズ氏が1998年からチームの指揮を執り、2001年にはオーストラリア勢として初のスーパーラグビー優勝をもたらした。

2000年代には、ともに日本でもプレー経験のある元ワラビーズのSH(スクラムハーフ)ジョージ・グレーガンとSO(スタンドオフ)スティーブン・ラーカムのハーフ団を中心に、2004年に2度目の優勝を果たした。

2000年代後半と2010年代前半は若干低迷したが、多くのオーストラリア代表選手が在籍するチームであり、2013年は準優勝を果たした。2014年からレジェンドの1人、スティーブン・ラーカムが、2014年からチームを率い、4年連続でプレーオフに進出した。

昨年から、ラーカムHC(ヘッドコーチ)がオーストラリア代表のアシスタントコーチに就任したため、それまで、アシスタントコーチだったダン・マッケラーが昇格した。

白血病を克服したSO(スタンドオフ)/CTB(センター)クリスチャン・リアリーファノと、LO(ロック)サム・カーターの2人のワラビーズ経験者が共同キャプテンを務めたが、結果を残すことはできなかった。

今年も、FW(フォワード)は、PR(プロップ)スコット・シオ,アラン・アラアラトア、ジョシュア・マンレー、パナソニックでもプレーした世界的なジャッカルの名手FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)デービッド・ポーコック、身長208cmのLOロリー・アーノルドが中心。

また、BK(バックス)は突破力に長けたCTB(センター)テヴィタ・クリンドラニ、WTBヘンリー・スパイトらワラビーズ経験者、他にも7人制代表経験豊富なFL/NO8トム・キューザック、サントリーでもプレーしたSHマット・ルーカス、NS出身のSOファレヌイ・ハウエラらがいる。

そして今年新たに、レッズからワラビーズの主将経験もあるPRジェームズ・スリッパー、クルセイダーズからFLピーター・サム、チーフスから決定力のあるWTBトニ・プルらを獲得し、チーム力は上がったと言えよう。

マッケラー体制2年目となる今年は、武器とするセットプレーを軸に、接戦を制して白星を先行させたいところだ。そして、オーストラリアカンファレンスでしっかり上位に入ってプレーオフ進出を果たしたい。

カンファレンス
オーストラリアカンファレンス
本拠地
キャンベラ
スタジアム
GIOスタジアム・キャンベラ
ヘッドコーチ
ダン・マッケラー(2018年~)
主な成績
優勝2回(2001年、2004年)、準優勝4回(1997年、2000年、2002年、2013年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
19965位(7勝4敗)
1997準優勝2位(8勝3敗)
199810位(3勝8敗)
19995位(5勝6敗)
2000準優勝2位(9勝2敗)
2001優勝1位(8勝3敗)
2002準優勝2位(7勝4敗)
2003セミファイナル敗退4位(6勝5敗)
2004優勝1位(8勝3敗)
20055位(5勝5敗1分)
20066位(8勝4敗1分)
20075位(9勝4敗)
20089位(6勝7敗)
20097位(8勝5敗)
20106位(8勝5敗)
201113位(4勝11敗1分)
20127位(10勝6敗)
2013準優勝2位(10勝4敗2分)
2014セミファイナル敗退4位(10勝6敗)
2015セミファイナル敗退6位(9勝7敗)
20161回戦敗退4位(10勝5敗)※NZ・豪州グループ2位・オーストラリアカンファレンス1位
20171回戦敗退4位(6勝9敗)※NZ・豪州グループ2位・オーストラリアカンファレンス1位
201810位(7勝9敗)※オーストラリアカンファレンス3位

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります