ブルーズ(ニュージーランドカンファレンス)

BLUES

ブルーズ
BLUES

ニュージーランドの古豪であるブルーズだが、2016年から他のニュージーランドのライバルはプレーオフに進出したものの、ブルーズだけは進めず、カンファレンス最下位、昨年は総合でも13位と下位に低迷した。

タイトルはもちろんのこと、2011年以来プレーオフにすら進出することができていない。しかし、もともと個々の選手の能力は高く、今シーズンは、オールブラックスのSO(スタンドオフ)ボーデン・バレットが新しく加入し、大いにポテンシャルは秘めているチームだ。

ブルーズはニュージーランド最大の都市・オークランドを本拠地とし、ホームスタジアムは、2011年ワールドカップの開幕戦と決勝が行われたイーデン・パークだ。

かつてはオールブラックスの次に強いと呼び声も高かったオークランド代表を中心にメンバーを組み、オークランドという土地柄、アイランダー(サモア・フィジー・トンガ)系の選手も多いのが特徴で、スーパーラグビー初年度の1996年、翌1997年と連覇し、2003年にも優勝を果たしている。

2013年にワールドカップで2度日本代表のHC(ヘッドコーチ)を務めたサー・ジョン・カーワンがHCに就任したが、チームを上昇気流に乗せることはできなかった。

2016年からオールブラックスのレジェンドの1人、CTB(センター)だったタナ・ウマンガが指揮を執り、8勝を挙げたが、ライバルのチームの調子も良く、カンファレンスでは最下位。2017年も7勝、2018年は4勝で同じくカンファレンス最下位に終わった。

昨年からはHCだったウマンガがアシスタントコーチに退き、ヤマハ発動機や近鉄でもプレーした名BK(バックス)のレオン・マクドナルドが、新HCに就任したものの、5勝とチームを上昇気流に乗せることはできなかった。

今シーズンが2年目となるマクドナルド体制、キャプテンはニュージーランド代表30キャップを誇り、昨年のワールドカップにも出場したLO(ロック)パトリック・トゥイプロトゥが任命された。

FW(フォワード)は第1列にPR(プロップ)オファ・トゥウンガファシ、PRカール・トゥイヌクアフェの現役オールブラックスを始め、HO(フッカー)ジェームズ・パーソンズやFL(フランカー)/NO8ダルトン・パパリィイといったキャップホルダーも多い。

また、セブンズ代表経験のあるFL/NO8(ナンバーエイト)アキラ・イオアネ、サモア代表HOレイ・ニウイア、アメリカ代表FLトニー・ランボーンなど実力派が並ぶ。やはり、スクラムやラインアウトといったセットプレーは武器にしたい。

BK(バックス)は世界的スター選手のCTBソニービル・ウィリアムズ、元オールブラックスCTBマア・ノヌーらが抜けたが、世界最優秀選手を2度受賞しているSOバレットが加入したことはチームにとっては大きい。新加入のSH(スクラムハーフ)フィンレー・クリスティーとともに、チームを牽引し大幅な得点アップとなるはずだ。

他にも2017年の世界最優秀新人賞にも輝いたオールブラックスのWTB(ウィング)リーコ・イオアネは、昨年のワールドカップでは活躍できなかった悔しさをスーパーラグビーで晴らしたい。CTBにはイングランド代表ジョー・マーチャントも加入した。

昨年はニュージーランドのライバルにホームで2敗、アウェイでは一度も勝てなかった。戦力は他のチームと比べても決して引けを取らない。国内チーム相手に白星を重ねて、今シーズンこそ、2011年以来のプレーオフに進出して古豪復活を果たしたい。

カンファレンス
ニュージーランドカンファレンス
本拠地
オークランド
スタジアム
イーデン・パーク
ヘッドコーチ
レオン・マクドナルド(2019年~)
主な成績
優勝3回(1996年、1997年、2003年)、準優勝1回(1998年)
HOME
ユニフォーム_Home
AWAY
ユニフォーム_away

過去の成績

開催 プレーオフ レギュラーシーズン
1996優勝2位(8勝3敗)
1997優勝1位(10勝1分)
1998準優勝1位(9勝2敗)
19999位(4勝6敗1分)
20006位(6勝5敗)
200111位(4勝7敗)
20026位(6勝5敗)
2003優勝1位(10勝1敗)
20045位(6勝4敗1分)
20057位(6勝5敗)
20068位(6勝7敗)
2007セミファイナル敗退4位(9勝4敗)
20086位(8勝5敗)
20099位(5勝8敗)
20107位(7勝6敗)
2011セミファイナル敗退4位(10勝5敗1分)
201212位(4勝12敗)
201310位(6勝10敗)
201410位(7勝9敗)
201514位(3勝13敗)
201611位(8勝6敗1分)
※NZ・豪州グループ7位、NZカンファレンス5位
20179位(7勝7敗1分)
※NZ・豪州グループ6位、NZカンファレンス5位
201814位(4勝12敗)
※ニュージーランドカンファレンス5位
201913位(5勝1分10敗)
※ニュージーランドカンファレンス5位

メンバー

オファ・トゥウンガファシ

オファ・トゥウンガファシ

アーロン・キャロル

アーロン・キャロル

アキラ・イオアネ

アキラ・イオアネ

アレックス・ホッジマン

アレックス・ホッジマン

ブレイク・ギブソン

ブレイク・ギブソン

ダルトン・パパリイ

ダルトン・パパリイ

エモニ・ナラワ

エモニ・ナラワ

エゼキエル・リンデンムッシュ

エゼキエル・リンデンムッシュ

ファンレー・クリスティー

ファンレー・クリスティー

ジェラード・カウリー トゥイオティ

ジェラード・カウリー トゥイオティ

ハリー・プラマー

ハリー・プラマー

ホスキンス・ソトゥトゥ

ホスキンス・ソトゥトゥ

ジャック・ヘイトン

ジャック・ヘイトン

ジェイコブ・ピエルセ

ジェイコブ・ピエルセ

ジェームズ・タッカー

ジェームズ・タッカー

ジェームズ・パーソンズ

ジェームズ・パーソンズ

ジャレド・ペイジ

ジャレド・ペイジ

ジョー・マーチャント

ジョー・マーチャント

ジョナサン・ルル

ジョナサン・ルル

ジョーダン・ヘイランド

ジョーダン・ヘイランド

ジョシュ・グッドヒュー

ジョシュ・グッドヒュー

カール・トゥイヌクアフェ

カール・トゥイヌクアフェ

カート・エクランド

カート・エクランド

マルセル・レナタ

マルセル・レナタ

マーク・テレア

マーク・テレア

マット・ダフィー

マット・ダフィー

オテレ・ブラック

オテレ・ブラック

パトリック・トゥイプロトゥ(C)

パトリック・トゥイプロトゥ(C)

レイ・ニウイア

レイ・ニウイア

サム・ノック

サム・ノック

シオネ・マフィレオ

シオネ・マフィレオ

スティーヴン・ペロフェタ

スティーヴン・ペロフェタ

タニエル・テレア

タニエル・テレア

ティノアイ・ファイアネ

ティノアイ・ファイアネ

トム・ロビンソン

トム・ロビンソン

トニー・ランボーン

トニー・ランボーン

ワイマナ・リードリンガーカパ

ワイマナ・リードリンガーカパ

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります