サンウルブズ選手紹介

BK
BACKS

ヘイデン・パーカー
Hayden PARKER
ヘイデン・パーカー
PROFILE
生年月日:
1990年11月19日
出身:
ニュージーランド
所属:
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ポジション:
SO(スタンドオフ)
身長/体重:
175cm/82kg
主な経歴:
オタゴボーイズ高校→ハイランダーズ、パナソニックワイルドナイツ
サンウルブズキャップ:
13
スーパーラグビー:
43
代表キャップ:
0
正確無比の左足。キック成功率96%の絶対的司令塔

昨年はサンウルブズで13試合に出場し、50本のプレースキックで48本決め、96%という驚異的な成功率でチームの勝利に貢献した。38回連続プレースキックを決めるというスーパーラグビーの記録も叩き出した。昨年はDG(ドロップゴール)を決めて勝利に貢献した試合も。今年もその左足に大いに期待がかかる。

元U20ニュージーランド代表で、キックの精度は折り紙付き。2015年度はパナソニックでもプレー。トップリーグ決勝で26点を叩き出し、チームの3連覇の立役者となり、プレーオフのMVPも受賞している。

小さい頃はラグビーやクリケットをやっており、ラグビーに専念するためにオタゴボーイズハイスクールでプレー。ITMカップ(現・Mitre10カップ)のオタゴを経て、2013年にハイランダーズでスーパーラグビーデビューしたが、2015年に膝をケガしハイランダーズの初優勝には貢献できなかった。

その後ハイランダーズに復帰するも、SOリマ・ソポアンガとのポジション争いで、なかなかレギュラーの座を奪うことはできなかった。そして昨年、「ジェイミーとブラウニーのラグビーが好き」と、ハイランダーズ時代の恩師のもとでラグビーをすることを決めた。

昨年のスーパーラグビーでは、136点で得点ランク9位と、まさしくサンウルブズの得点源となった。今年はランでも積極的に仕掛けて、キックだけでなくトライも挙げて得点ランキングの上位を狙いたい。

◆元ニュージーランド代表FL(フランカー)のレジェンドであるリッチー・マコウと同じ北オタゴのオアマル生まれのクーロウ育ちで、実家は牛を扱う農家。本人もラグビー選手にならなかったら農業をするつもりだったと言い、趣味はゴルフ。愛称は「クォーズィー」(Quazzie)。好きな食べ物は、ステーキやとんこつラーメン。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります