サンウルブズ選手紹介

BK
BACKS

福岡 堅樹
Kenki FUKUOKA
福岡 堅樹
PROFILE
生年月日
1992年9月7日
出身
福岡県
所属
パナソニック ワイルドナイツ
ポジション
WTB(ウィング)
身長/体重
175cm/83kg
足のサイズ
27cm
主な経歴
福岡高校→筑波大学
サンウルブズキャップ
13
スーパーラグビー
13
日本代表キャップ
30(2015年ワールドカップ日本代表)
ツイッター
@kenki11
インスタグラム
@kenki11
そのスピードは世界クラス。日本が誇る「韋駄天」

日本が世界に誇る韋駄天で、そのスピードは世界トップクラスのWTBだ。15人制で2015年のワールドカップ、そして2016年夏のリオデジャネイロ五輪を経験した唯一の選手で、現在ではジェイミー・ジャパンのエースだ。

5歳から玄海ジュニアラグビークラブでラグビーを始め、福岡高校3年時に全国高校大会(花園)に出場。祖父が医者、父親が歯医者のため医学部を目指し、1年間の浪人を経て、医学部こそ合格しなかったが筑波大学に進学した。

2012年、大学1年時の全国大学選手権準優勝の活躍がエディー・ジョーンズ ヘッドコーチ(当時)に認められ、ジュニア・ジャパンに選出。大学2年時に日本代表に招集され、秋のスコットランド代表戦で2トライ。スターダムにのし上がった。

2016-17シーズンからパナソニック ワイルドナイツに入り、ルーキーイヤーからWTBの定位置を確保。高校時代に鍛えたタックルの強さにも定評があるり、ジェイミー・ジャパンになってから意識的に練習したハイボールキャッチでも強さを見せる。

一昨年、初のサンウルブズでも輝きを見せて、4トライを挙げてチーム内MVPにも輝いた。しかし昨年、前半戦はケガで出遅れたため、思うような活躍ができなかった。今年はワールドカップイヤーのため中盤からの出場になるが、出場した試合ではしっかりとトライを決めたい。

◆将来の夢は医師であり、2019年で15人制の日本代表は一区切りと考えており、2020年の東京五輪後は、再び大学に進学して医学の道を志すことを決めている。学生時代はピアノを習っており、バンドも組んでいた。マウスピースは歯科医の父が作っている。大学は情報の勉強していたため、PS4を持っているなどゲームが趣味の1つとなっている。実家で飼っている猫の「るーくん」をかわいがっている。

TEXT by 斉藤健仁

QUESTION
出身地の一押しポイント
ご飯が美味しい
最高ベンチプレス記録/握力
140kg/65kg
尊敬する人
祖父
好きな女性のタイプ
品があって、頭の良い人
今シーズン、俺のこのプレーに注目!
ハイボールキャッチ
結婚していますか?
No
生れ変わってもラグビー選手になりますか?
No
子どもや学生のときの愛称、ニックネーム
けんき
好きなスタジアム
秩父宮(芝生好調時)
好きな焼き肉の部位
ハラミ・タン
男から見てもイケメンだなと思う選手
ベリック・バーンズ選手
一番思い出に残っている試合とその理由
昨年の香港でのストーマーズ戦(とてつもなく暑い中、大逆転劇での勝利だったから)
ラグビーワールドカップ2019へ向けてのメッセージ!
W杯を成功させるためにも、このスーパーラグビーから日本国内のラグビーを盛り上げていきましょう!

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります