TJ・ペレナラ(ハリケーンズ)

BK
BACKS

TJ・ペレナラ
TJ Perenara
TJ・ペレナラ
PROFILE
生年月日
1992年1月23日
ポジション
SH(スクラムハーフ)
身長/体重
183cm/92kg
代表キャップ数
64(ニュージーランド)
※2020年1月25日現在
ハカをリードする選手としても有名な攻撃的なSH

オールブラックスではハカをリードする選手ということで、すっかり人気者になったSHだ。2012年3月にハリケーンズの選手としてスーパーラグビーデビューすると、いきなりハットトリックの大活躍を見せる。その勢いのまま一気にハリケーンズのSHのレギュラーポジションを獲得した。

翌2013年のザ・ラグビーチャンピオンシップでオールブラックスから初招集がかかるが、この時は試合に出場することはなく、初キャップは2014年のイングランド代表戦で、途中出場を果たした。

2015年にはスーパーラグビーでハイランダーズのWTB(ウイング)ワイサケ・ナホロに続いて2位となる11トライを挙げ、その年のワールドカップイングランド大会のスコッドにも選出され、2試合に出場した。

ハリケーンズでは2016年からチームの副将となり、2017年はケガのHO(フッカー)ダン・コールズに代わり、キャプテンを務めることも多かったが、SHとしてはスーパーラグビー史上最多、全体でも7位となる通算44トライ目を準決勝のライオンズ戦で挙げている。

2018年はケガに苦しんだ時期もあったが、チーフスとのスーパーラグビー準々決勝でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれるなど、シーズン4トライを挙げチームに貢献した。昨年もキャプテンを務めることも多くリーダーシップを発揮した。

2016年からハカのリーダーを任されているオールブラックスでは、アーロン・スミスの控えに回ることも多いが、それでも2016年以降はほとんどすべてのテストマッチに出場し、オールブラックス、ハリケーンズともに欠かせない選手の一人である。

◆2019年のワールドカップでは、ナミビア代表戦でのトライがベストトライ賞を獲得した。TJは「Thomas Jr.」の略で、本名はThomas Tekanapu Rawakata Perenara。両親、祖母、叔父もソフトボールのニュージーランド代表選手だった。ソニー ビル・ウィリアムズとは遠縁にあたる。もし、ラグビーをやっていなければ教師か警察官になりたかったという。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ボーデン・バレットは同学年で仲良しだ。アーロン・スミスはSHとしてオールブラックスのライバルで、互いにハカリーダーも務めている。ンガニ・ラウマペはハリケーンズで仲良しのチームメート。ジョーディー・バレットはチームメートで弟分のような存在だ。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります