マカゾレ・マピンピ(シャークス)

BK
BACKS

マカゾレ・マピンピ
Makazole Mapimpi
マカゾレ・マピンピ
PROFILE
生年月日
1990年7月26日
ポジション
WTB(ウイング)
身長/体重
184m/91kg
代表キャップ数
14(南アフリカ)
※2020年1月25日現在
ワールドカップ決勝でもトライを挙げた、スピードと決定力に長けたWTB

ワールドカップでも南アフリカ代表のエースの1人として活躍した、スピードとトライを奪う嗅覚に優れたWTBだ。東ケープ州の黒人居住区出身で、家族の中でラグビーをしているものはいなかった。そのため、少年時代はラグビー強豪校に進まず、プロクラブのアカデミーにスカウトされたこともなかった。

それでも2017年、キングズでスーパーラグビーデビュー。そのシーズン3位タイとなる11トライを挙げ一気にブレークを果たすと、2018年の夏にウェールズ代表戦で初キャップを獲得。

その代表デビュー戦でテストマッチ初トライを挙げると、次のアルゼンチン代表戦でさらに2トライをマーク。出場した最初のテストマッチ12試合で13トライを挙げる、スプリングボクスの最も強力なトライゲッターとなった。

2019年ワールドカップでも、豊富な運動量でアタックだけでなくディフェンスにも大活躍した。さらには、南アフリカ史上初となる決勝でのトライを挙げて優勝に大きく貢献した。キングズを経て、2018年からはシャークスでプレーしており、今シーズンもエースとしてチームの勝利に貢献したい。

◆母、妹、弟をそれぞれ事故や病気で失っている。本人は「すごく辛いことだが、このことがなければ人間的に強くなれず、ラグビー選手にはなっていなかった」と語っている。決勝戦を見ていた育ての親である叔母は、マピンピのトライを見て家族全員の名を叫んだという。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります