ジョーディー・バレット(ハリケーンズ)

BK
BACKS

ジョーディー・バレット
Jordie Barrett
ジョーディー・バレット
PROFILE
生年月日
1997年2月17日
ポジション
CTB(センター)/FB(フルバック)
身長/体重
194cm/102kg
代表キャップ数
17(ニュージーランド)
※2020年1月25日現在
将来の活躍が期待されるバレット兄弟の末っ子

ラグビー一家の末弟として生まれた長身のユーティリティBK(バックス)だ。ワールドラグビー年間最優秀選手に2度輝いた司令塔の兄ボーデン(ブルーズ)、LO(ロック)のスコット(クルセイダーズ)とともに、2019年のワールドカップでも活躍した22歳の若手だ。

2016年、19歳で兄ボーデンと同じハリケーンズと契約し、翌2017年のサンウルブズ戦でFBとして先発出場を果たした。以降、ネヘ・ミルナー スカッダーに替わりレギュラーの座を獲得し、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ戦でもトライを演出するなど、ハリケーンズの歴史的ドローに貢献する活躍を見せた。 代表のキャリアとしては、2016年にU20ニュージーランド代表に選出され、イングランドで開催されたワールドラグビーU20チャンピオンシップに出場すると、その年のオールブラックスの秋のヨーロッパツアーに練習生として帯同した。

翌2017年6月に、サモア戦、ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ戦に向けてのスコッドとして、ボーデン、スコットの兄2人とともにオールブラックスに召集され、サモア代表戦で途中出場し初キャップを獲得した。ライオンズとの第3戦ではFBとして先発出場し、代表初トライも挙げている。

2019年のワールドカップでは、カナダ代表戦では3兄弟で先発、ナミビア代表戦ではSOとして出場するなど、5試合に出場して気を吐いた。今年から兄ボーデンとはライバルチームで争うことになるが、大舞台で成長したジョーディーがハリケーンズを引っ張っていく。

◆元オールブラックスのコンラッド・スミスは子供の頃のアイドルで目標とするプレイヤー。ラグビー選手以外ではテニスのロジャー・フェデラーを尊敬している。本名はJordan(ジョーダン)だが、本人はそう呼ばれるのが嫌いでジョーディーと普段は名乗っている。色白でひょろっとしていることから、「うどん」という愛称で呼ばれている。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります