ジョーダン・ペタイア(レッズ)

BK
BACKS

ジョーダン・ペタイヤ
Jordan Petaia
ジョーダン・ペタイヤ
PROFILE
生年月日
2000年3月14日
ポジション
WTB(ウィング)
身長/体重
191cm/102kg
代表キャップ数
3(オーストラリア)
※2020年1月25日現在
ワールドカップで初キャップを獲得したシンデレラボーイ

2018年、彗星の如く現れたシンデレラボーイだ。スピード、スキル、フィジカルと三拍子揃った才能あふれる選手で、CTB(センター)、WTB、FB(フルバック)をこなせる身長190cmを超えるユーティリティBK(バックス)だ。

2017年、17歳の時にレッズのトレーニングに参加、2018年4月7日のブランビーズ戦で、レッズ史上最年少の18歳と24日でスーパーラグビーデビューを果たした。イズラエル・フォラウを超えるかもしれない逸材として話題を呼び、チーム新人賞にも選ばれた。

また、その年に行われたU20ラグビーチャンピオンシップでもジュニアワラビーズとして出場。2018年、オーストラリア代表にも招集され、史上5番目の若さでワラビーズデビューとなるはずだったが、ケガのためキャップ獲得はならなかった。

それでもマイケル・チェイカ前オーストラリア代表HC(ヘッドコーチ)の評価は高く、ノンキャップのまま、2019年ワールドカップメンバーに選出、ウルグアイ戦でWTBとして先発デビューを果たし、初キャップで初トライを挙げた。

以降ジョージア代表戦はWTB、準々決勝のイングランド代表戦はCTBで先発出場し、大きな経験を積んだ。まだ19歳、ワールドカップに出場した勢いで、今年は大いに注目されるはずだ。そのプレッシャーに打ち勝ち、トライを量産できるか。

◆サモアの血を引く。オーストラリア代表CTBのマット・トゥームアとは父同士が親しいことから、年の離れた兄弟のような間柄だという。10歳以上歳が離れているため、ワールドカップで一緒にプレーするとは夢にも思っていなかったという。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります