アイザック・ロッダ(レッズ)

FW
FORWARD

アイザック・ロッダ
Izack Rodda
アイザック・ロッダ
PROFILE
生年月日
1996年8月20日
ポジション
LO(ロック)
身長/体重
202cm/119kg
代表キャップ数
25(オーストラリア)
※2020年1月25日現在
身長202cmの大型LO。レッズのセットプレーの要

オーストラリア代表で活躍する身長202cmの大型LOだ。空中戦やセットプレーで強みを発揮する。幼少期はリーグラグビーもプレーしていたが、13歳で15人制に専念することを決めた。

最初のポジションはNO8(ナンバーエイト)だったが、身長が伸びて次第にLOになっていった。クィーンズランド州のU20代表に選ばれた後、2016年にレッズの練習生となり、現レッズのHC(ヘッドコーチ)で元オールブラックスのLOブラッド・ソーンが、FW(フォワード)コーチを務めていたクィーンズランド州代表としてもプレーした。

2017年にスーパーラグビーデビューを果たし、その年にオーストラリア代表にも選出された。昨年は14試合に出場、アウェイのハイランダーズ戦ではトライ・オブ・ザ・シーズンに輝くトライを挙げた。サム・ケレヴィ不在の際は、ゲームキャプテンを務めたこともあり、リーダーシップも評価されている。

2019年ワールドカップでは4試合に先発出場し、ジョージア代表戦ではプレイヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。レッズではケレヴィのサントリー移籍に伴い、キャプテン就任に意欲を燃やしたが、22歳のFL(フランカー)リアム・ライトが任命された。ロッダはセットプレーでチームの勝利に貢献する。

◆幼少期は練習や試合に行くために、母のドンナさんが送り迎えをしていたという。ラグビーを続けさせるために家のローンを延長したという。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります