ダン・カーター(ブルーズ)

BK
BACKS

ダン・カーター
Dan Carter
ダン・カーター
PROFILE
生年月日
1982年3月5日
ポジション
SO(スタンドオフ)
身長/体重
178cm/92kg
代表キャップ数
112(ニュージーランド)
※2020年6月5日現在
38歳の世界的スターが電撃復帰!ブルーズの救世主となるか?

世界最優秀選手に3度選ばれ、2015年ラグビーワールドカップでも「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表の2連覇に大きく貢献したラグビー界きってのスター選手。長短のパス、ラン、タックル、そして左足から放たれるキックも正確で、ゲームコントロールにも秀でた司令塔だ。

スーパーラグビーでは2003年にクルセイダーズでデビューし、ロビー・ディーンズHC(現パナソニック監督)の下、2005年、2006年、2008年と3度栄冠に輝き、2004年と2006年にはスーパーラグビーの年間最優秀選手に選出。スーパーラグビーでは141試合に出場し、通算最多得点記録(1708点)を保持している。

また、オールブラックスでは2015年ワールドカップ後に代表の舞台からは引退したが、112キャップを誇り、現在もテストマッチで世界歴代1位の1598得点の記録保持者である。

2015年ワールドカップ後に在籍したフランスのラシン92では、2015-16シーズン、フランスリーグ「トップ14」の優勝に貢献、同年度にはヨーロッパチャンピオンズカップも決勝まで進出した。2018年から日本を新たな挑戦の場として選び、神戸製鋼では2003年度以来の優勝に導き、リーグMVPにも輝いた。2020年も連覇に向けて好調をキープしていたが、新型コロナウィルスの感染拡大によりリーグ戦が終了し、ニュージーランドへ帰国した。

そのまま現役引退もささやかれたが、ブルーズの選手事情もあり、ラグビーをやりたいという純粋な気持ちと、ラグビー界への貢献のために、現在居住するオークランドを本拠地とするブルーズでスーパーラグビー復帰となった。

同じく今季から加入した、現在のオールブラックスの司令塔ボーデン・バレットとともに、ニュージーランド勢で低迷するブルーズの救世主となるか。SOだけでなく、CTB、FBとしてのプレーも期待されている。

◆そのルックスからイケメン選手としても知られ、高級ブランドやシャンパンなどのブランドのイメージキャラクターを務めている。過去には下着のモデルも経験。グランドホッケーのニュージーランド代表だったホナー夫人との間に3人の男の子がいる。

TEXT by 斉藤健仁

相関図

ブルーズの指揮官であるレオン・マクドナルドHC(ヘッドコーチ)は、クルセイダーズやオールブラックスの先輩で尊敬している。LO(ロック)サム・ホワイトロックはクルセイダーズ、オールブラックスのチームメイトで、ともにトップリーグでもプレー。LOルーク・ロマノはクライストチャーチ・ボーイズ高の後輩で、クルセイダーズ、オールブラックスでチームメイトだった。CTB(センター)アントン・レイナート ブラウンも高校、オールブラックスの後輩。SO(スタンドオフ)ボーデン・バレットは、オールブラックスでは師弟のような関係。今回、初めてスーパーラグビーでチームメートとしてプレーする。SH(スクラムハーフ)アーロン・スミスは、オールブラックスでハーフ団を組み、2015年ワールドカップではともに優勝に貢献した。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります