注目選手

ニュージーランド カンファレンス

クルセイダーズ
キアラン・リード
Kieran Read

キャプテンシーもプレーも長けた経験豊富なバックロー

クルセイダーズ
サム・ホワイトロック
Sam Whitelock

クルセイダーズを連覇に導いた長身ロック

クルセイダーズ
リッチー・モウンガ
Richie Mounga

オールブラックスのレギュラーを狙うクルセイダーズの司令塔

クルセイダーズ
ライアン・クロッティ
Ryan Crotty

突破力で存在感を示す『いぶし銀』のセンター

ハリケーンズ
ボーデン・バレット
Beauden Barrett

2年連続の世界最優秀選手、覇権奪回の鍵を握る司令塔

ハリケーンズ
ダン・コールズ
Dane Coles

ワールドカップでの活躍が期待される世界最高峰のフッカー

チーフス
ダミアン・マッケンジー
Damian McKenzie

昨年の最優秀選手、キックとランが得意な「微笑みの貴公子」

チーフス
アタアタ・モエアキオラ
Ataata Moekiola

東海大学からスーパーラグビーへ。日本育ちの万能バックス

チーフス
ブロディー・リタリック
Brodie Retallick

2mを超す長身、世界最高峰の呼び声高いロック

ハイランダーズ
アーロン・スミス
Aaron Smith

田中史朗の好敵手だった世界的スラムダンク

ハイランダーズ
ベン・スミス
Ben Smith

ハイボールに強く、ランも鋭い安定感抜群の代表不動のフルバック

ハイランダーズ
ワイサケ・ナホロ
Waisake Naholo

フィジー出身の決定力に長けた長身ウィング

ブルーズ
ソニー ビル・ウィリアムズ
Sonny Bill Williams

オフロードパスが代名詞の武器のベテランセンター

ブルーズ
リーコ・イオアネ
Rieko Ioane

ワールドカップも期待、世界で最も勢いに乗る若きウィング

オーストラリア カンファレンス

ブランビーズ
デービッド・ポーコック
David Pocock

世界屈指のボールハンター!昨年の豪州最優秀選手

レベルズ
ウィル・ゲニア
Will Genia

スピードとパススキルを合わせ持つ、世界屈指のベテランスクラムハーフ

レベルズ
リース・ホッジ
Reece Hodge

キック力が大きな武器。代表にも定着した万能バックス

レベルズ
クェイド・クーパー
Quade Cooper

ファンを湧かせるプレーが魅力。ニュージーランド出身のファンタジスタ

レッズ
サム・ケレヴィ
Samu Kerevi

兄弟は日本でプレーする、突破力が大きな持ち味のセンター

ワラターズ
マイケル・フーパー
Michael Hooper

ジャッカルと突破が武器。キャプテンシーも長けたフランカー

ワラターズ
バーナード・フォーリー
Bernard Foley

愛称は「アイスマン」。スキルが高く正確なキックが武器

ワラターズ
カートリー・ビール
Kurtley Beale

アボリジニ出身。ランとステップが武器の万能バックス

南アフリカ カンファレンス

ブルズ
ハンドレ・ポラード
Handre Pollard

全てがハイレベルなスプリングボクスの若き司令塔

ブルズ
ドゥエイン・フェルミューレン
Duane Vermeulen

豪快な突破と激しいタックルを見せるバックロー

ブルズ
ルード・デヤハー
Lood de Jager

セットプレーを支えるサイズを活かしたハードワーカー

ライオンズ
マルコム・マークス
Malcolm Marx

世界最高峰の呼び声もある24歳のフッカー

ライオンズ
アピウ・ディアンティ
Aphiwe Dyantyi

一度はラグビーを諦めるも、昨年、一気に代表デビュー

シャークス
ジャン リュック・デュプレア
Jean Lucdu Preez

昨年はベスト15のフランカー。親子鷹でチームの勝利に貢献

シャークス
アンドレ・エスターハイゼン
Andre Esterhuizen

誰よりもハードワークする規格外のセンター

ストーマーズ
スティーヴン・キッツォフ
Steven Kitshoff

昨年のベスト15。小柄だがスクラムの押しに強さを見せる

ストーマーズ
エベン・エツベス
Eben Etzebeth

モールや空中戦で力を発揮する身長204cmの大型ロック

ストーマーズ
シヤ・コリシ
Siya Kolisi

代表でもチームでもキャプテンとして躍動するフランカー

ジャガーズ
パブロ・マテラ
Pablo Matera

昨年はベスト15にも選出。アルゼンチンを代表する新たなリーダー

ジャガーズ
アグスティン・クレービー
Agustin Creevy

機動力があり接点に強いフッカー。オフロードパスにも注目

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります