スーパーラグビーとは

スーパーラグビーの歴史

南アフリカ共和国(SA)、ニュージーランド(NZ)、アルゼンチン(A)、オーストラリア(AR)で組織される「SANZAAR」により運営されるラグビーの国際リーグ戦。2月から8月までの、期間限定のスーパークラブで行われる。

オーストラリアとニュージーランドでのラグビーリーグの人気への対抗、また、南アフリカラグビーチームの強化を目的として、1996年から2005年まで12チーム参戦の国際リーグ戦「スーパー12」が開催された。当初はオーストラリアから3チーム、ニュージーランドから5チーム、南アフリカから4チームの計12チームが参戦している。

2006年シーズンに新たに2チームが新規参入したため、「スーパー14」へと名称変更。2011年シーズンからさらに1チームが新規参入したため「スーパーラグビー」となった。そして、2016年シーズンから日本のサンウルブズと南アフリカのキングズ、アルゼンチンのジャガーズが参加。18チームで行われた。

2018年シーズンにはオーストラリアのフォース、南アフリカのキングズとチーターズが外れ、15チームで開催。「ニュージーランド」「オーストラリア」「南アフリカ」の3カンファレンス制(各5チーム)で行われる。サンウルブズはオーストラリア、ジャガーズは南アフリカカンファレンスの所属となる。

参加チーム

ニュージーランドから5チーム、オーストラリアから4チーム、南アフリカから4チーム。そして日本とアルゼンチンから1チームが参加し、合計15チームで行われる。

サンウルブズ 対戦チーム&試合数

オーストラリアカンファレンス → 8試合(ホーム&アウェイ)

ブランビーズ、レベルズ、レッズ、ワラターズ、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ

ニュージーランドカンファレンス → 4試合(1試合ずつ)

  • 対戦あり:チーフス、ブルーズ、クルセイダーズ、ハリケーンズ
  • 対戦なし:ハイランダーズ

南アフリカカンファレンス → 4試合(1試合ずつ)

  • 対戦あり:ライオンズ、シャークス、ブルズ、ストーマーズ
  • 対戦なし:ジャガーズ

レギュラーシーズンの勝点(ポイント)
勝利:4ポイント/引分:2ポイント/敗戦:0ポイント
ボーナスポイント:3トライ差以上で1ポイント、7点差以内の敗戦で1ポイント

プレーオフトーナメント進出チーム決定方法

同じカンファレンスのチームはホーム&アウェーで対戦し、合計8試合を行う。また、別のカンファレンスのチームとは8試合の対戦で合計16試合を戦う。

プレーオフには「ニュージーランド」「オーストラリア」「南アフリカ」の各カンファレンス1位の3チームと、カンファレンスに関わらず、合計ポイントの上位5チームがワイルドカードとして出場する。

過去の優勝チーム

開催年 優勝国 準優勝
1996年 ブルーズ シャークス
1997年 ブルーズ ブランビーズ
1998年 クルセイダーズ ブルーズ
1999年 クルセイダーズ ハイランダーズ
2000年 クルセイダーズ ブランビーズ
2001年 ブランビーズ シャークス
2002年 クルセイダーズ ブランビーズ
2003年 ブルーズ クルセイダーズ
2004年 ブランビーズ クルセイダーズ
2005年 クルセイダーズ ワラターズ
2006年 クルセイダーズ ハリケーンズ
2007年 ブルズ シャークスズ
開催年 優勝国 準優勝
2008年 クルセイダーズ ワラターズ
2009年 ブルズ チーフス
2010年 ブルズ ストーマーズ
2011年 レッズ クルセイダーズ
2012年 チーフス シャークス
2013年 チーフス ブランビーズ
2014年 ワラターズ クルセイダーズ
2015年 ハイランダーズ ハリケーンズ
2016年 ハリケーンズ ライオンズ
2017年 クルセイダーズ ライオンズ
2018年 クルセイダーズ ライオンズ

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります