1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 19, 2019 6:51 PM /

トップリーグカップ最終日結果

1月19日は、大阪・長居のヤンマースタジアムに行っていた。13位、14位決定戦のコカ・コーラレッドスパークスとHondaHEATの試合を解説するためだった。第1試合では、宗像サニックスブルースが、接戦を制して日野レッドドルフィンズを破った。

第2試合は、午後2時キックオフ。立ち上がりはHondaがラインアウトのモールからトライするなど、優勢に試合を進めたが、前半25分、コカ・コーラのNO8ジョセフ・トゥペがHondaのパスをインターセプトして約60mを独走。これで流れが変わった。その直後には、コカ・コーラのキックをHondaがチャージしたが、手にかすった形でHonda陣にボールが飛び、コカ・コーラのキッカーの前にいた選手たちのオフサイドが解消。このボールを確保したコカ・コーラがボールをつないで、LOマーク・アボットがトライ。19-19の同点となる。

後半は互いに一歩も譲らない攻防となったが、33-24でコカ・コーラがリードしていた後半27分、アボットがハイタックルでシンビンになり、コカ・コーラは14人で自陣ゴール前にくぎ付けになるピンチに。しかし、劣勢だったスクラムで押し込む値千金のプレーがあり、これでピンチを脱出。FLヨハン・バードルがトライを追加して突き放した。シーズン最後に2連勝。降格が決まってから、選手たちが自分に向き合い、チームを結束させた結果だ。

この試合のキャプテンを務めたCTB山北純嗣は言っていた。「この2週間、80分間、下を向かずに前だけ見ていこうと言い続けました。降格が決まり、悔しい思いを持って、自分自身を見つめなおす2週間でした。ここ5、6年、最後に逆転負けすることが多かったので最後まで勝利を確信することはありませんでした」

Hondaの小西大輔が後半27分に登場すると、観客席で「祝・100試合出場」「ありがとう大輔」の横断幕が降られた。13シーズンHonda一筋でプレーし、キャプテンも務めた小西が今季最後の試合でチームのHondaでの100試合を達成した。体を張ってプレーし、試合後は涙を流した。降格、昇格を経験してきた苦労人である。チームからの公式発表はないが、チームメイトから「お疲れさま」の声もあり、貴重な一シーンを見せてもらった。

他会場の試合、最終順位は以下の通り。この試合を最後に引退や移籍が決まっている選手が多い。

この結果をもちまして、トヨタ自動車ヴェルブリッツのジャパンラグビー トップリーグ カップ優勝(初優勝)が決定いたしました。



■1月19日、カップ戦試合結果

◇東京・秩父宮ラグビー場
パナソニック ワイルドナイツ◯24-21●クボタスピアーズ
サントリーサンゴリアス●34-43◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ
◇埼玉・熊谷スポーツ文化公園(県営熊谷ラグビー場)
豊田自動織機シャトルズ●31-35◯ヤマハ発動機ジュビロ
リコーブラックラムズ◯28-17●NECグリーンロケッツ
◇愛知・パロマ瑞穂ラグビー場
キヤノンイーグルス●21-62◯NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●28-33◯東芝ブレイブルーパス
◇大阪・ヤンマースタジアム長居
日野レッドドルフィンズ●14-19◯宗像サニックスブルース
Honda HEAT●24-40◯コカ・コーラレッドスパークス

▼カップ戦最終順位
1:トヨタ自動車ヴェルブリッツ、2:サントリーサンゴリアス、3:パナソニック ワイルドナイツ、4:クボタスピアーズ、5:東芝ブレイブルーパス、6:神戸製鋼コベルコスティーラーズ、7:NTT コミュニケーションズシャイニングアークス、8:キヤノンイーグルス、9:リコーブラックラムズ、10:NEC グリーンロケッツ、11:ヤマハ発動機ジュビロ、12:豊田自動織機シャトルズ、13:コカ・コーラレッドスパークス、14:Honda HEAT、15:宗像サニックスブルース、16 日野レッドドルフィンズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.