1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


December 8, 2018 7:35 PM /

トップリーグ総合順位決定トーナメント、日本選手権準決勝結果

12月8日(土)は、小倉のミクニワールドスタジアム北九州に行っていた。トップリーグ総合順位(9位~16位)決定トーナメントのNECグリーンロケッツ対東芝ブレイブルーパスの試合を解説した。気温は6度、海辺のスタジアムは風も強く、観戦するみなさんには厳しい環境だった。第1試合では、日野レッドドルフィンズとコカ・コーラレッドスパークスが戦い、大接戦の末、日野が勝利。13位、14位決定戦に進むことに。

第2試合となったNEC対東芝は立ち上がりからNECがアグレッシブに攻めた。前半7分、ラインアウトからの攻撃でCTBマリティノ・ネマニが縦に走り込んでタックルをかわし、そのままトライ。11分には、LOサナイラ・ワクァがパワフルにトライ。CTB森田洋介がゴールを決めて、14-0とリードする。その後は東芝も反撃し、宇薄岳央の出血交代で入った松岡久善、再びフィールドに戻った宇薄が連続でトライし、14-12とする。

しかし、拮抗したのはここまで。32分にNECのNO8ジョージ・リサレがゴール前のラックに走り込み、トライをあげると、着々と差を広げた。東芝はアタックでのミスが多く、ミスタックルも多くなった。東芝の瀬川監督は「練習では出ないミスが試合で出るということは、そういうプレッシャーのある練習ができていないということ。それは僕の責任だと思います」とコメントした。47-26で敗れた試合後は「私がコーチをしている中で、ワーストのゲームだと思います。自分の責任です」と自らを責めていた。

ここ数年勝てなかった相手に快勝したNECは、「グッド・ウィン!」とピーター・ラッセルヘッドコーチが会心の表情。「フィジカルな試合になることは分かっていました。そういう準備をしてきました。前半で突き放せなかったのは、自分たちの反則によるもの。ここは反省したい」。攻守に前に出続け、スクラムでもプレッシャーをかけたNECの快勝だった。

この結果、NECは次週、9位の座をかけてキヤノンイーグルスとHondaHEATの勝者と戦うことに。東芝もこの敗者と11位の座をかけて戦う。敗れた東芝だが、メンバーに福岡出身の選手が多かったこともあってたくさんのファンが声援を送っていた。試合後はグラウンドでそうしたファンに長い時間残ってサインをしていた。いつもの光景ではあるが、下位トーナメントに入ってしまったからこそ、応援し続けてくれるファンへの感謝の思いも募るだろう。

他会場も含めての結果は以下の通り。そして決勝戦の組み合わせも決まった。

■第56回日本ラグビーフットボール選手権大会 兼 トップリーグ2018-2019総合順位決定トーナメント準決勝
◇大阪・東大阪市花園ラグビー場
神戸製鋼コベルコスティーラーズ◯31-19●トヨタ自動車ヴェルブリッツ
◇東京・秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス◯28-25●ヤマハ発動機ジュビロ(延長戦)

▼トップリーグ2018-2019総合順位決定トーナメント2回戦
◇東京・秩父宮ラグビー場
クボタスピアーズ●13―36◯NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
◇福岡・ミクニワールドスタジアム北九州
コカ・コーラレッドスパークス●36―40◯日野レッドドルフィンズ
◇福岡・ミクニワールドスタジアム北九州
NECグリーンロケッツ◯47-26●東芝ブレイブルーパス
◇大阪・東大阪市花園ラグビー場
リコーブラックラムズ●26-35◯パナソニック ワイルドナイツ

■12月15日
第56回日本ラグビーフットボール選手権大会兼トップリーグ総合順位決定トーナメント
決勝、3位決定戦組合せ
◇東京・秩父宮ラグビー場
3位決定戦 11:30 トヨタ自動車ヴェルブリッツvsヤマハ発動機ジュビロ
決勝戦 14:00 神戸製鋼コベルコスティーラーズvsサントリーサンゴリアス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.