1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


December 4, 2018 3:44 PM /

井関信介選手(神戸製鋼)爆笑トークライブ

20181203-1.jpg

12月3日の夜は、大阪のラグビー普及促進居酒屋ラグビー部マーラーでのトークライブだった。ゲストは神戸製鋼コベルコスティーラーズのWTB井関信介選手。天理大学から今季神戸製鋼入りして正社員として勤務しながらプレー。トップリーグの日野レッドドルフィンズ戦では強気の突進と独特のステップワークで4トライ。衝撃的な活躍で注目されたが、次の試合の空中戦で相手選手と接触、落下した際に手の甲を骨折して戦線離脱を余儀なくされた。10月にライブの開催が決まっていたのだが、怪我のため延期になり今回の開催になった。

そして、まさかの爆笑ライブが幕を開けた。井関選手、まさかの「小ネタ王」だったのだ。愛知県春日井市出身。6人兄弟の3番目で「兄、姉、弟、妹すべてそろっています」とのこと。名前には何か法則があるの? 「兄がヨウスケで、僕がシンスケ、スケスケときたから、次もスケかと思いきや、弟は5番目だったので、ダイゴなんです(笑)」。そのままやん!

井関選手は7歳から春日井ラグビースクールでラグビーを始めた。中学にはラグビー部がなかったので、ラグビーを続ける前提で土日に練習のない部活を探すと柔道部と剣道部。そして柔道部へ。「強い柔道部で選手のほとんどが黒帯で、夜は道場で練習がある。だから部活の時間はバスケットとかしている。僕はその時間しかないから一生懸命練習していたら3年生でキャプテンになりました。一人だけ白帯なのに」

高校時代は寮生活。学校、グラウンド、寮が敷地内にあり、原則外出は禁止。食事は3食とも寮で食べていた。では、外食とかできないのですね。「はい、できません。ときどき親が差し入れをしてくれるんです。きょうは同級生の石田君とお母さんも来てくれているのですが、いつもミスタードーナツを大量に差し入れてくれました。みんな楽しみにしていて、イシダードーナツと呼ばれていました。おい、イシダードーナツはまだか?とか言って(笑)」

20181203-2.jpg

井関選手は神戸製鋼のクラブハウスでロッカーの場所がダン・カーター選手の隣だという。「抽選だったので偶然ですが、ラッキーでした。カーター選手は食べるものにもすごく気を使っていて、ロッカーで座ってアーモンドとか食べている。仕切りが網になっているので横から見えるのですが、CM見ているみたいです(笑)。体もバキバキの筋肉ですよ。外国時選手では一番ですね」。

何かカーター選手に教えてもらいましたか?

「カーター選手が、WTBへの飛ばしパス(数名の選手の頭越しにするパス)の練習をしたいからキャッチしてくれと言われて適当に立ったら、もっと下がって、タメたほうが良いとアドバイスされました。その通りにしたら、それを見ていたアシュリークーパーがもっと下がったほうが良いと。そのほうがトップスピードをキャッチできるというんです」

どっちの言うこと聞くか、難しいところですねぇ。

「そしたら2人が議論を始めて、何を言っているか分からなかったのですが、とりあえず、練習を再開したときは、どっちでもない間くらいに立ちました。そしたら、何も言われなかった(笑)」

ラグビー以外に何か趣味のようなものはありますか?
「散髪です」
はい?
「高校の頃からよくチームメイトの髪を切っていて」
あっ、散髪ができるということ?
「はい。神戸製鋼でもやっています。中島イシレリ選手とか。天理高校の時、寮で暮らして一週間に一度しか外出できなかったので、髪の毛は自分たちで切っていて、それで習得しました」
習得って(笑)。
「バリカンでサイドを短くするスキンフェードという髪型があるのですが、大学の時、トンガの選手の髪を切ってあげているうちに習得しました。トンガの選手は僕と同じく天然パーマで、日本の散髪屋さんではなかなか良い感じにならないんですよ」
セカンドキャリアも心配ないね(笑)。

もちろん、ラグビーの話もあり、大学時代にタッチラグビーの日本代表である奈良秀明さんにステップを理論立てて教えてもらって、大いに参考になったのだとか。それからはトンガやサモアの選手のステップを研究して、いまの独特の抜き方を習得したようだ。日野戦でゴール前の左コーナーで3人、4人とタックルをかわしてトライしたシーンがあった。
あれって、そのステップができたということ?
「映像を見返したんですよ。できてましたねぇ。あ、俺、その通りやってるわって思いました(笑)」
否定しないのが面白い。

面白すぎたので、いくらでも書けるのだが、今回はこのあたりで。打ち合わせの時間に聞いた話も笑えた。井関選手は第2弾をぜひ実現させたい。最後はこんなコメントでしめてくれた。「カップ戦には復帰したいです。オリンピックにも出たいと思っていますし、セブンズの日本代表にも関心があります。そのためにも神戸製鋼で試合に出なくてはいけないですね。いま僕は試合に出ていませんが、ぜひ神戸製鋼の応援もよろしくお願いします」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.