1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


September 14, 2018 10:27 PM /

サントリー対神戸製鋼の結果&カーターのコメント

9月14日は、金曜ナイター、サントリーサンゴリアス対神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を取材した。午後7時30分のキックオフにもかかわらず、午前中からお客さんが並びはじめ、キックオフ後も続々とお客さんがやってきた。最大の要因は神戸製鋼でダン・カーターが先発したからだ。カーターのキック、パスの一つひとつに歓声が上がった。

先制したのは神戸製鋼だった。前半3分、自陣10mライン付近でサントリーのボールをターンオーバー。ワイドに展開すると、FLグラント・ハッティングがバックスのようなスピードで抜け出し、タックルを受けながらワンハンドでWTB山下楽平へ。左中間への先制トライとなる。カーターのゴールは外れ、5-0。8分にはカーターが22mライン右中間のPGを決めて8-0。その後はサントリーも連続アタックで攻め込み、SO田村煕がPGを決めて、8-3。17分には神戸製鋼がCTBリチャード・バックマンのトライ、カーターのゴールで15-3とリードを広げる。

神戸製鋼は22分にもサントリーの連続アタックを止め続け、ボールを奪うと素早くボールを動かし、右タッチライン際を山下楽平が抜け出し、カーターにつないでトライ。20-3とした。カーターがPGを追加して、23-8とした25分過ぎからは田村に代わって投入されたSOマット・ギタウがサントリーのアタックをぐいぐい前に出し、36分、ギタウのパスを受けたCTB梶村祐介が、タックラーをずらしながらWTB尾崎晟也へ。ゴール左隅にトライをあげて、23-8とする。ギタウの投入について、サントリーの沢木敬介監督は「点差をつけられていたので、何かを変えなければいけなかった。田村が悪かったというわけではない」と説明した。

後半の立ち上がりが勝敗を分ける時間帯だったが、神戸製鋼の攻勢は続いた。2分、攻め込んだゴール前のラックから交代出場のWTB児玉健太郎がトライ。30-8とする。サントリーもそのまま勢いのは飲み込まれない。14分、FB松島幸太朗が一対一の状況でタックラーを抜き去ってトライをあげ、30-15と迫る。しかし、サントリーは自陣で手痛いペナルティーを犯し、カーターがPGを決めて33-15と再び突き放す。22分には、CTBアダム・アシュリークーパーに代わってSOイーリ ニコラス、SH日和佐篤に代わってアンドリュー・エリスを投入。クルセイダーズ、オールブラックスでチームメイトだったエリスとカーターがピッチに立つ、ファンにはたまらない状況に。サントリーも反撃するが、神戸製鋼のディフェンスを破れない。33分、ラインアウトからギタウが縦を突き、梶村につないで、交代で入ったばかりのWTB塚本健太にパスが渡ってトライ。33-20としたが、サントリーの得点はここまで。カーターがもう1PGを加えて、36-20とし、ノーサイドとなった。

カーターの存在感が秩父宮ラグビー場を異様な興奮状態に包み込んだ戦いだった。敗れたサントリーの沢木敬介監督は、「神戸製鋼もパッションがあった。これで自分たちも強くなる。次は必ず勝ちます。練習します」と潔かった。カーターについて問われると次のように答えた。「素晴らしい教科書が日本に来た。ラグビーをしている子供たちにも手本になる。日本ラグビーにとってプラスです」。流大キャプテンも「まずは神戸さんにおめでとう、と言いたい」と話しはじめ、カーターについてはこう言った。「常にオプションが2、3個あり、体を正面に向けてプレーのも上手い。こちらも迷います。体を当ててみて、簡単には倒れないと思いました。すべてにおいて素晴らしい選手です」と称賛した。

勝った神戸製鋼のデーブ・ディロンヘッドコーチは「勝つことができて嬉しいです。サントリーはクオリティーの高いチーム。次に対戦するときはさらにクオリティーを上げてくるサントリーと戦わなくてはいけませんが、まずはこの勝利を喜びたいと思います」とコメント。橋本大輝ゲームキャプテンは、「僕がプレーした試合で、(秩父宮ラグビー場に)こんなにお客さんが入ったのは初めてです。チケットも完売したんですよね? ダン・カーター、すごいな(笑)」と報道陣を笑わせた。※実際には、自由席は少し残り、観客数は、17,576人だった。

そして、最後に会見場にダン・カーターがやってきた。「チームにとっても私にとってもスペシャルな試合になりました。チャンピオンチームに対して大きなチャレンジでした。個人的にはやっとトップリーグの試合に出られて嬉しく思っています。多くの観客が集まってくれたのも嬉しかったですね。マンオブザマッチは、誰が選ばれてもおかしくなかった。チームメイトに感謝の気持ちを伝えたいです」。

カーターは本当に正直に語る。「約4か月ぶりの試合で、緊張していました。最初のキックを外しましたが、良いスタートを切りたいというプレッシャーがあって思うように行きませんでした。本当は80分プレーすることになるとは思っていなかったのですが、最後は雨が降って少しゲームのスピードが落ちたので助かりました」などなど。カーター選手はこの試合で、1トライ、2ゴール、4PGの21得点をあげた。今後も観客を楽しませてくれそうだ。

■トップリーグ2018-2019第3節・金曜の結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス●20-36◯神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半8-23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.