1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


June 9, 2018 6:42 PM /

日本代表、イタリア代表に快勝

6月9日は、大分銀行ドームにいた。日本代表対イタリア代表戦の第1戦をJSPORTSで解説するためだ。試合前からスタジアム周辺は、多くのラグビーファンの皆さんで賑わっていた。前日入りしたのだが、大分空港では大分県出身の力士・嘉風関と、元ラグビー日本代表の今泉清さんのツーショットの日本代表応援ポスターに出迎えられた。「日本ラグビーを沸かせるのは、おんせん県、大分だ」。そんなキャッチコピーだが、今泉さんが嘉風関の親方みたいに見えるのが面白い。

20180609.jpg

試合の方は日本代表が、34-17(前半17-14)で快勝した。前日のキャプテンズランで、多くの選手がコメントしたのが「いい準備ができた」だった。イタリア代表を分析し、前半は防御背後にキックを使って疲れさせる戦法に徹した。イタリアのCTBカンパニャーロ、FBミノッツィに何度かディフェンスを突破されて失点もあったが、ディフェンスでは前に出続け、WTB福岡堅樹の60mの独走トライもあって、前半を17-14の3点リードで折り返す。

後半の立ち上がりはPGを決め合って、20-17。そして後半20分、日本代表が突き放すトライをあげる。相手陣中盤のラインアウトからFL姫野和樹が突進し、連続攻撃から最後はSO田村優が右タッチライン際のHO堀江翔太にキックパス。キャッチした堀江が、すぐに内側にサポートしていたWTBレメキ ロマノ ラヴァにバスケットボールのようなパスを返してトライ。スコアは、27-17。25分にも、田村の防御背後へのグラバーキック(転がるキック)を捕ったFB松島幸太朗がトライし、田村がゴールも決めて、34-17とした。

以降は、互いに疲れが見えるなかでの攻防で、そのままノーサイドとなった。観客は、25,824人。日本のトライのたび、大いに沸いた。「練習でやっていたことが、そのまま試合で発揮できた」(松島幸太朗)。攻守に抜群のスピードを生かして活躍した福岡堅樹の「3連勝でしめたい」という言葉が頼もしかった。イタリアも修正してくるだろうし楽観はできないが、日本代表が次週の神戸でどんな戦術・戦略を繰り出すのか、楽しみになる勝利だった。

■試合結果
6月9日(土)14:45キックオフ
大分・大分銀行ドーム
日本代表◯34-17●イタリア代表(前半17-14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.