1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


March 8, 2018 11:17 PM /

サンウルブズ、シャークス戦メンバー

南アフリカ遠征中のサンウルブズが、3月10 日(土)のシャークス戦のメンバーを発表した。初戦で怪我を負った姫野、ハッティング、レメキが復帰。庭井は昨年7月の怪我からようやく復帰する。

◎サンウルブズ試合登録メンバー
1クレイグ・ミラー、2庭井祐輔、3浅原拓真、4姫野和樹、5グラント・ハッティング、6リーチ マイケル、7徳永祥尭、8ヴィリー・ブリッツ、9内田啓介、10立川理道、11ウィリアム・トゥポウ、12マイケル・リトル、13シオネ・テアウパ、14レメキ ロマノ ラヴァ、15松島幸太朗/16坂手淳史、17石原慎太郎、18ヘンカス・ファン・ヴィック、19ヴィンピー・ファンデルヴァルト、20ピーター・ラピース・ラブスカフニ、21流大、22中村亮土、23ロビー・ロビンソン

登録メンバー外の怪我人状況: ヴァルアサエリ愛:腰下肢痛、 堀江翔太:大腿肉離れ、 サム・ワイクス:脳震盪、 ヘイデン・パーカー、大腿肉離れ、 ラファエレ ティモシー:脳震盪、 山田章仁:脳震盪

◎ヴィリー・ブリッツ主将のコメント
「チームは先週から引き続き、細かいところにこだわってトレーニングをつんでいます。各選手がそれぞれの仕事を行うことで試合に勝ちにいく。南アフリカのチームはフィジカルが強いので、接点でフォ ワードもバックスもしっかりと対応し、いい勢いを続けることが大事です。 母国・南アフリカでの試合ですが、プロフェッショナルラグビーの一つの試合として、いつものよう にプレーをするだけです。今季も開幕戦から何人かの選手がスーパーラグビーでデビューしましたが、 皆それぞれ才能を持っている素晴らしい選手らばかりです。これからも試合をしていくのが楽しみです」

◎ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチのコメント
「先週の試合でたくさんの選手を怪我で失ったため、今回いくつかのポジションについては、ブランビーズ戦に比べセレクションが限られてしまいました。CTB に対しては前節のパフォーマンスの観点から、今回はシオネ・テアウパとマイケル・リトルを新たに起用しました。また、何人かの選手に対してはしっかりと休息を与えなければいけないと思っています。今回、流はリザーブからの出場となりますが、後半に新たな刺激をもたらしてくれると思います。流はとても大変な 5~6週間を過ごしてきたので、彼に休みを与えることは重要です。キャプテンにとってシーズンは長いです。また、ブランビーズ戦での怪我に苦しんでいた姫野とグラントがチームに戻ってくることも、我々にとって重要です。何人かの選手が今週初めて試合に出ます。他のチームは2、3試合のプレシーズンマッチでコンビネーションをテストしますが、我々は今年プレシーズンマッチを行っていないので、開幕から最初の 2、 3試合は、多くの新しい選手が、それぞれ何が自分の役割なのかを知り、チームにフィットしていくことを期待しています。 今季初めての海外での試合となりますが、長距離の移動、新しい環境、日本と比べてとても暑い気候、 それらのことを乗り越えなければいけません。日本代表を例にとると、海外での試合の方が日本人の特性としていいプレーができる傾向があります。ただ同じ日本のチームとはいえ、スーパーラグビーは全く違うチャレンジです。どのような結果になるか期待しています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.