1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


February 10, 2018 1:29 PM /

菊谷崇、その「足跡」と「今後」を語る

2月9日の夜は、朝日カルチャーセンター立川教室で「ラグビーの魅力を語る」講座の進行役をした。講師を務めたのは、今季限りで引退をした菊谷崇さん(キヤノンイーグルス)。2011年のラグビーワールドカップでは日本代表キャプテンを務め、日本代表68キャップを保持する名選手の声を聴こうと、熱心なファンの皆さんが集って会場は温かい雰囲気に包まれた。

野球少年だったころの話から、中学の先生になかば無理やりに勧められての御所工業高校ラグビー部入りなど、いつものひょうひょうとした語り口で振り返ってくれた。その才能は誰もが認めるところで、高校日本代表にも選出されているが、本格的に世界を見据えてラグビーに取り組もうと考えたのは、大学時代にセブンズ日本代表に選ばれてからだという。いつも笑顔で、涙が似合わない菊谷さんだが、高校時代以来に涙を流したのは、2011年のラグビーワールドカップで最後のカナダ戦に引き分けだときだったという。2勝を目標に臨んだ大会だったが、ターゲットにしていたトンガに敗れ、最後のカナダにもリードしながら追いつかれて引き分け。キャプテンの重責に押しつぶされそうになりながら戦った4試合だった。「最後に均ちゃん(大野均)が来て、抱きしめてくれたときに、もう駄目でしたね、泣きました」。僕はそのとき、JSPORTSのインタビュアーとして試合後の菊谷キャプテンに話を聞いているのだが、「何も覚えていませんね」とのこと。そう、聞くのも辛かった記憶がある。

「カナダ戦の前日に、報道陣に『この試合が(現役)最後のつもりで戦います』と話したら、菊谷引退、と書かれて、チームメイトに、ほんとに引退するんですか?と聞かれて、ちょっとメディアが嫌いになりました(笑)。そんなわけないやんって言いましたけど、それくらいの気持ちでした」。しかし、2012年、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチに「経験を伝えてほしい」と言われて日本代表入り、後任の廣瀬俊朗キャプテンをサポートした。「海外遠征で試合に出られないときは、雑用を一生懸命やりました。それが自分の役目だと思って」。

菊谷崇にとって、ラグビーとは?と問うと、「趣味」というのも菊谷さんらしい。「ラグビーによって、人とのつながりができた。それが一番良かったし、好きなところですね」。今後の目標、夢などを問いかけたとき、はじめて公にすることが語られた。「小学生向けのアカデミーを立ち上げようと思っています。プロコーチが平日に小学生を指導するのです。多くのラグビースクールは週末だけ活動していますので、平日に判断力などを磨く指導をして、チームで生かしてもらう。一緒にやっていくのは、日体大の大学院で一緒に勉強した小野澤宏時さん、そして、箕内拓郎さんです」。このビッグネームにお客さんかがどよめいた。

2003年、2007年のワールドカップで日本代表キャプテンを務めた箕内さん、3大会のワールドカップで活躍したトライゲッターの小野澤さん、そして菊谷さんである。「豊田トライク(3輪自転車)と、豊田浩之さんの協力があってアカデミーを立ち上げることができました」と、すでに具体的に準備が始まっている。このあとは、高校日本代表のFWコーチとして遠征に帯同するが、引退してもラグビー界で活動してくれるということで、嬉しい発表だった。活動の詳細は準備が整ったところで発表されるようだ。

20180209.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.