1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


February 5, 2018 6:59 PM /

伊藤剛臣、男気トークライブ

20180204-1.jpg

2月4日の夜は、高田馬場のノーサイドクラブでのトークライブだった。ゲストは、今季限りで現役を引退した伊藤剛臣さん(46歳)。野太い声で語り始めると、超満員のお客さんが一気に引き込まれていく。東京都荒川区出身。家は柔道の道場と接骨院をしていたそうだ。小さなころは柔道と野球をし、中学では野球部も柔道部もなかったのでバスケットボール部に入部。高校では野球部に入るが、レベルの高さに驚き2週間で退部。父と先生に勧められてラグビー部の門をたたく。

「僕、ラグビーといえば新日鉄釜石しか見たことがなくて、松尾雄治さんがスタンドオフだったから、先輩に僕はスタンドオフがやりたいですって言ったんです。すると、『お前は、背が高いからロックをやってくれ』と言われました。先輩、ロックってどんなポジションですかって聞いたら、『男の中の男がやるポジションだ』と。男の中の男なら、やってやろうじゃねえか、と」

バスケットで鍛えたハンドリングスキル、柔道で鍛えた足腰でめきめき上達し、高校日本代表に選出されるまでになる。法政大学からは主にFW第三列でプレー。3年生で学生日本一になり、卒業後、神戸製鋼へ。10社くらいから誘いがあったそうで、サントリーか東芝に行こうとしていたそうだが、平尾誠二さんに「お前も男だったら、一度ぐらい東京を外から見てもええんちゃうか?」と言われて神戸に向かったという。そして、全国社会人大会優勝と日本選手権7連覇達成に貢献する。日本代表では1999年、2003年、2007年のラグビーワールドカップに参加。日本代表の4試合すべてに出場した2003年大会が一番印象深いそうだ。僕が、大久保直弥、箕内拓郎、伊藤剛臣の第三列は日本代表史上屈指。リーチ、ツイ、マフィにも劣らないよ、と言うと、「そうっすか?もっと言ってくださいよ~」。

20180204-2.jpg

2003年の初戦のスコットランド戦の勇敢な戦いから、日本代表はブレイブブロッサムズと呼ばれるようになった。この大会の最終戦のアメリカ戦後、剛臣さんが号泣したエピソードがある。

「はい、号泣しました。ラグビー選手が集まるパブで飲んでいるときです。長谷川慎、網野正大、豊山昌彦っていうフロントロー(FW第一列)とです。3人の顔見て、こいつらスクラム頑張っていたな、よくやったよなと思ったら泣けてきたんですよ。そうしたら、店の奥で誰かが呼んでいる。うるせえ、俺はいまこいつらと飲んでんだって断ったら、それが、オールブラックスのジンザン・ブルックだった。行っときゃよかった」

2012年、18年在籍した神戸製鋼から自身のラグビーの原点を求め、釜石でのトライアウトを受けた後、釜石シーウェイブスへ移籍する。「素晴らしい時間でした。皆さんの支えがあるから、ラグビーができるんだと痛感しました」。釜石に行ってから、カラオケの十八番は「兄弟船」になった。「釜石に曳舟祭りってあるんですよ。漁船が大漁旗いっぱい立てて、港をぐるぐる回るんです。それ見たら感動しちゃって、釜石っていいな、日本って素晴らしいなって思って。以来、カラオケは兄弟船です。カラオケあるなら、歌いますよ」

2003年ワールドカップの翌年、ラグビーマガジンのインタビューで「ボロボロになるまでやり続ける」と宣言していた。その通りの選手としての生きざまだった。「若い選手と競り合えなくなってきた。スピードもなくなってきたし、気持ちを高めるのも難しくなってきましたね」。こんなコメントもあった。「僕には気合と根性だけしかなかった。ラグビーは僕に、花園、高校日本代表、そして日本代表としてワールドカップ出場という、夢とロマンと目標を与えてくれました」。「そうそう、僕ね、ついに試合で一度もキックせずに引退しました(笑)」。引退後、どうするかを聞いてみると、それは未定だそうだ。「目の前の試合のことしか考えてこなかったですから。桜庭さん(釜石シーウェイブスGM)に『プロレスラーにだけはなるなよ』と言われました」(爆笑)

本人はそんなつもりはないのかもしれないが、一つ一つの言葉が味わい深くて泣けてきた。お店のマスターと奥さんの容子さんから花束を贈られ、最後のコメント。「ラグビー完全燃焼しました。楽しかった。幸せでした」。

この強烈なキャラクターはきっと各方面で引っ張りだこになる気がする。どんな形になるにせよ、ラグビーの盛り上げ役として大活躍してくれるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.