1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 13, 2018 5:28 PM /

ラグビー日本選手権決勝結果

1月13日は、秩父宮ラグビー場だった。JSPORTSでトップリーグ順位決定トーナメント兼日本選手権の解説をした。観客は、23,416人。固唾を飲んで見守るシーンが続く僅差勝負だった。ラグビーマガジンにマッチレポートを書くので、ここでは簡単に触れたい。

前半4分、サントリーサンゴリアスは、SOマット・ギタウが防御背後にキックを転がし、これをCTB中村亮土がキャッチして先制トライ。パナソニックワイルドナイツも、8分、LOヒーナン ダニエルがゴール前の密集サイドをついてトライを返す。前半は6割方サントリーがボールを支配し、33分、ギタウのロングパスを受けたWTB江見翔太が左コーナーに飛び込んで12-5。後半、パナソニックは負傷退場(前半10分)のベリック・バーンズに代わって出場した山沢拓也がPGを決め、4点差に迫ったが届かなかった。互いにチャンスはあり、我慢比べに勝ったサントリーの連覇達成だった。

「今季一番のゲームです。ハードなトレーニング、スタッフのハードワーク、どのチームよりハードワークした自信がありました。よく我慢してくれました」。沢木啓介監督はノーサイド後、目を潤ませた。流大キャプテンもハードな練習について触れ、「練習量には自信を持っていました」と言った。そう言い切れるところがこのチームの強みだろう。

パナソニックのロビー・ディーンズ監督の言葉は清々しかった。「今季の決勝戦は私が経験した過去の決勝戦をはるかに超えたゲーム。素晴らしい試合の一翼を担えたことを嬉しく思います」。

■試合結果
サントリーサンゴリアス◯12-8●パナソニックワイルドナイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.