1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


April 13, 2017 10:29 AM /

渡辺義己、秦一平トークライブの様子

20170412-1.jpg

4月12日の夜は、高田馬場のノーサイドクラブでトークライブだった。ゲストは、トップリーグに再昇格したNTTドコモレッドハリケーンズのWTB渡辺義己選手(32歳)と、SH秦一平選手(27歳)。このために大阪から来てくれた。笑いあり、苦労話もある、楽しいトークになった。

渡辺選手は、東大阪市出身で、花園ラグビースクールでラグビーを始め、花園ラグビー場至近の英田(あかだ)中学出身。天理高校、明治大学に進んだ。おしゃべり好きということで、とにかくどんな話題も言葉数が豊富。高校の寮は週に一回しか外出が許されない厳しさ。それを面白おかしく聞かせてくれた。「当時は、先輩のジャージーの洗濯は当たり前で、僕は木下藤吉郎のように、朝の練習で先輩のジャージーが冷たくないように抱いて眠っていました。それが当たり前だと思っていたら、僕だけだったんです(笑)」

秦選手は福岡県出身で、草ヶ江ヤングラガーズでラグビーを始めている。筑紫高校から明治大学へ。筑紫と言えば厳しい雰囲気のラグビー部として有名だが、「そんなこと、何も知らずに入りました」とのこと。「中学1年生のころ、130㎝くらいで、そこから順調に伸びていたんですよ...」。そう、152㎝で止まってしまった。「小さいままだと分かっていたら、競馬のジョッキーになっていたと思います」。「チームのプロフィール欄には、152㎝と書いてありますが、本当は153㎝です」と言い張るのも面白い。体重は53㎏。いくら食べても、トレーニングしても太らないのだそうだ。「家族みんな、小さいので。これが限界みたいです」。ラグビーよしもと新喜劇では、池乃めだかさんと共演。「初めて男の人を見下げました(笑)」。しかし、洋服の下にはバキバキの筋肉美が隠されていて、見せてくれた時のお客さんの驚きはすごかった。体重53キロで、ベンチプレス100㎏を上げるのは、凄い!

昨シーズン、トップウェストで戦ったが、シーズン前に会社の幹部から、もし一年で上がれなかったら覚悟してくれ、という言葉があったという。「もし上がれなかったら、俺のラグビー人生は終わるのか、と」(渡辺)。「コーチ陣が他のチームの映像を見せることなく、自分達にフォーカスする練習だったので」(秦)。「他のリーグと比較ができないから、自分達が強いのかどうか分からない」(渡辺)。そんな精神的なプレッシャーの中で迎えたトップチャレンジで1位通過しての再昇格だった。「秦は試合に出ていたからいいかもしれないけど、僕はメンバー外だったから、どうしようもない。メンバーに託すしかないわけですよ。日野自動車戦の前日は緊張しました」。

2人とも、NTTドコモのラグビー部に入って良かったことは、いい仲間に出会えたことと、素晴らしい環境で練習できていることをあげた。近代的なクラブハウスに、一年中、緑に輝く天然芝のグラウンドがある。「グラウンドキーパーの人が素晴らしくて、朝から晩まで芝生を管理してくれる。僕らと話すのが好きらしくて、よく声をかけてくれます。花園で試合があるときは、芝の長さを同じにしてくれるんですよ」(渡辺)。

今季の注目選手について、2人から名前が挙がったのは、BKのユルゲン・ヴィサー、リアン・フィルヨーン、パエア・ミフィポセチ。「ヴィサーは、南アフリカ人なのに、がりがりなんです」。何を話してもオチのあるトークライブは、ドコモグッズ争奪じゃんけん大会で終了。「ドコモはボールをよく展開する面白いラグビーをします。東京で試合があるときは、ぜひ応援してください!」

ゲストのお2人、参加者の皆さん、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.