1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


March 5, 2017 3:17 PM /

仙台でのラグビートークイベント

3月4日は、宮城県仙台市の東北学院大学土樋キャンパス ホーイ記念館ホールで「ラグビーのとっておきの話を聞こう!」というシンポジウムがあった。宮城県ラグビーフットボール協会の皆さんの尽力によって実現したもの。開催目的には、「東日本大震災からまもなく6年になる。これまで多くのラグビー関係者が被災地支援に訪れクリニック等の交流をとおし元気をもたらした。ラグビーには、震災復興に取り組む人々を奮い立たせ、前に立ち向かっていく勇気を与える力がある。今回も、日本人の琴線に触れるラグビーの持つ魅力を、ラグビーのとっておきの話としてお話しいただき地域の方々と交流する」とあり、トークもその通りの内容で進んだ。

20170304-1.jpg

▼パネラー
太田治(元日本代表PR。秋田工業→明治大学→NEC。日本ラグビーフットボール協会協会トップリーグ委員会委員長)
桜庭吉彦(元日本代表LO。秋田工業→新日鉄釜石。釜石シーウェイブスゼネラルマネージャー)
堀越正巳(元日本代表SH。熊谷工業→早稲田大学→神戸製鋼。立正大学ラグビー部監督)
▼コーディネーター
村上晃一(ラグビージャーナリスト)

宮城県ラグビー協会の千葉貞男会長の力強い挨拶で、トークのハードルをぐんと上がった。コーディネーターとしては緊張したが、パネラーの皆さんの面白い体験談などで、楽しく進行することができた。話は多岐にわたったが、秋田工業に入学した際、太田さんはバスケットボール部、桜庭さんは野球部だったというのが面白い。二人とも体が大きかったからラグビー部から声がかかり、そして日本代表、ワールドカップへと階段を上るのだから人生分からない。それを聞いた堀越さんは、「2人とも、1年生のときの大変な時期を経験していないんですねぇ」とチクリ。堀越さんは、高校3年時に花園で決勝に進出したのだが雨の中での準決勝後、取材を長時間受けて風邪をひいた失敗談を披露。「僕は決勝戦でプレーするのは無理だと思った。でも、キャプテンとしてぜったいに試合に出る気持ちでグラウンドに行くべきだった」と悔いを口にした。

太田さんは、高校時代の基礎練習や、トップリーグの委員長としての立場からコメント。桜庭さんもラグビーワールドカップ2019のアンバサダーとして、さまざまなエピソードを披露してくれた。東日本大震災の時、現在オーストラリア代表で活躍するスコット・ファーディーが日本に残って支援活動をしてくれたこと、先日、釜石シーウェイブスジュニアの佐藤蓮晟君(享年13)が骨肉腫で闘病の末亡くなり、ラグビーが大好きで、2019年の成功を願っていたことなどを紹介し、「彼の頑張りを見たら、我々はもっともっと頑張らなくてはいけないと思います」と語った。昨年亡くなった平尾誠二さんの思い出話も。

20170304-2.jpg

会場には、写真の通り、宮城県内の多くの高校生ラグビーマンが集い、質問コーナーでは、仙台第一のキャプテンが、「僕は堀越さんと同じスクラムハーフでキャプテンなのですが、どんなことを心がけていますか?」と問いかけた。すると堀越さん。「僕は、高校、大学、社会人とすべてキャプテンをしたのですが、一度も日本一になっていません(笑)。スクラムハーフはFWやBKを叱咤激励するの役目だけど、キャプテンになるとそれが命令になってしまうことがある。だから命令にならないように心がけてください」と話していた。堀越さんは具体的な練習方法も話してくれたので、高校生には参考になったのではないだろうか。

宮城県ラグビー協会の皆さんの情熱を感じる一日だった。ラグビーワールドカップ2019の開催都市・釜石市、公認チームキャンプ地に立候補する石巻市の展示もあって、そこに「1985年日本選手権の試合球」とあったのは驚き。貴重なものを目にして嬉しかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.