1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 2, 2016 7:00 PM /

大学選手権・準決勝結果

20160102.jpg

2016年1月2日は、秩父宮ラグビー場に行っていた。メインスタンドの自由席が満席で、縦から見るスタンドが少し空いている程度の大観衆(18,293人)。第1試合は、明治がWTB成田のトライで先制すると、東海もWTB石井がトライを返し、白熱した展開に。前半は明治が19-7とリードして折り返したのだが、後半6分、東海はSH湯本が俊足をとばしてトライを返し、その後は後半14分に投入されたU20日本代表のNO8テビタ・タタフが爆発的な突進力で活躍し、逆転、そして突き放す2トライをあげた。タタフは、左ひざの靭帯断裂の大けがから復活。少ない時間のプレーだったが、非凡な才能を披露した。東海大は6大会ぶりの決勝進出となる。明治は試合開始早々にFB田村煕が負傷退場したのが痛かった。

第2試合は、王者・帝京大に大東文化大が挑んだ。立ち上がりは、帝京が怪我の坂手キャプテンに代わって出場のHO堀越の先制トライを手始めに3連続トライで19-0とリード。一方的になるかと思われたが、大東大も「とにかく攻撃的にやろう」(青柳監督)と、自陣から仕掛け、CTB戸室、NO8アマト・ファカタヴァらがトライを返し、見せ場を作った。しかし、帝京大は横に縦にボールを動かしながら効率よくトライを重ね、最終的には10トライ。CTB石垣が3トライ、WTB竹山が4トライと決定力の違いを見せつけた。

大差になったが、見どころの多い試合だった気がする。竹山、アマト・ファカタヴァの個人技は見事だったし、互いに攻め合ったことで、それを防ぐ激しいタックルも見ごたえがあった。帝京の岩出監督は次のようにコメントした。「大東大のリーグ戦の戦いぶりと、選手権に入ってからの戦いを見ると、ディフェンスが大きく変わっていました。青柳監督の人柄なのか、まじめに、丁寧にチームを作っているという印象があり、油断できない相手だと思っていました」

坂手キャプテンは、決勝戦には間に合いそうだが、ゲームキャプテンを務めたCTB金田は言った。「いつもチームのことを考えてきてくれたのは坂手です。坂手を決勝戦の舞台へ、優勝スピーチの舞台へ連れて行こうと皆で話しました。坂手からかけられたのは、『たのむぞ』の一言でした」。

決勝戦は、1月10日、秩父宮ラグビー場で行われる。

■第52回全国大学選手権大会・準決勝結果
東京・秩父宮ラグビー場
明治大学●19-28○東海大学(前半19-7)
帝京大学○68-33●大東文化大学(前半40-21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.