1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


February 7, 2019 7:42 PM /

チャレンジJ9キックオフ宣言。皆様のご協力をお願いします。

20190207-2.jpg

2月7日の午後2時より、日本記者クラブにて「チャレンジJ9」キックオフ宣言の記者会見を行いました。「チャレンジJ9」とは、ラグビーを愛するものとして、全身の筋肉が徐々に失われていく難病ALS(筋萎縮症側索硬化症)の治療法研究と患者の方たちへのサポートのための寄付を呼び掛ける活動のことです。僕も発起人の一人として、廣瀬俊朗さん(元ラグビー日本代表キャプテン)、井手口直子さん(帝京平成大学薬学部教授)とともに活動発足の経緯などを説明しました。会見には、ALS/MNDサポートセンターさくら会理事の岡部宏生さんも患者さんを代表して出席してくれました(写真)。

20190207-1.jpg

元南アフリカ代表で伝説的スクラムハーフのユースト・ファンデルヴェストハイゼンさんは、2017年、ALS(筋萎縮症側索硬化症)/MND(運動ニューロン疾患)で亡くなりました。彼が生前に始めた病気への理解と治療法研究開発の基金は、現役時代のポジション、スクラムハーフ(背番号9)とユーストの頭文字「J」を取って「J9基金」と名付けられ、今も本人の遺志を継ぎながら活動を続けています。ラグビーとALSは決して遠い存在ではありません。井手口先生は2015年より、ラグビーとALSがコラボしたチャリティーイベントを企画し、エディー・ジョーンズさんや岩出雅之さん、昨年は廣瀬俊朗さん、大野均さんらもこの活動に協力してきました。

ユーストが病を発症したのは37歳のときです。会見でそのことに触れたとき、廣瀬さんの目から涙が溢れました。ユーストは余命2年と宣告されましたが、45歳で亡くなるまでJ9基金の活動を続けました。「ユーストから受けたパスをたくさんの人につないでいきたい」と廣瀬さん。チャレンジJ9は、ユーストのパスを日本でもつなぎ、多くの人にユーストのことを知っていただき、ALSという難病の理解をすすめ、支援の輪を広げる目的での活動です。

日本(JAPAN)で行われる第9回ラグビーワールドカップという意味も込めての「チャレンジJ9」。寄付先は、ALSの治療が期待され、ラグビーを愛することで知られる山中伸弥氏率いる京都大学iPS細胞研究所となります。チャレンジJ9のサイトに寄付方法の詳細があります。iPS細胞研究所のサイトからクレジットカードによる寄付をするか、振込用紙をお取り寄せいただく方法があります。

なお、この寄付活動はラグビーワールドカップ2019の決勝戦(11月2日)まで行います。その後もALSの治療法研究と患者の方たちへのサポートのための活動は続きます。寄付金額はラグビーワールドカップ2019の年の活動であるという証を残すため、2019円、20,190円の二本立てで考えていますが、何度寄付していただいても良いですし、キリの良い数字で振込用紙に「J9」と記入していただく方法もあります。これは、チャレンジJ9に賛同する寄付であることを明らかにするためです。

※寄付に関するご注意事項
当プロジェクトでは、iPS研究所から「寄付金額」「寄付件数」のみを取得し、寄付者様の個人情報は一切取得いたしません。寄付者の皆様には後日、iPS細胞研究所から贈呈される感謝状の発送と到着をもちまして謝意に代えさせていただきます。当プロジェクトでは、①「2,019円もしくは20,190円での寄付」②「(例)30,000円などの任意の金額」でも、振込用紙の寄付先に識別記号「J9」が追記されていたものをご賛同件数、金額として集計いたします。


▼チャレンジJ9 公式サイト
https://www.challengej9.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.