1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


国際オリンピック委員会(IOC)とワールドラグビーは、2020年の東京オリンピック出場権をかける7人制ラグビー(セブンズ)の参加チームの予選方法を発表。男女セブンズ日本代表が、ホスト国として自動的に出場することが決まった。リオデジャネイロで行われた2016年のオリンピックでも男女のブラジル代表はホスト国枠で出場したが、東京オリンピックがどうなるかは決まっていなかった。

東京オリンピックは、2020年7月27日から8月1日までの期間、東京スタジアム(味の素スタジアム)で男女それぞれ12チームが戦う。日本の男女セブンズ代表が出場権を確定させたので、残り11の枠をかけて予選大会が行われることになる。

参加国の決め方は、2016年のリオ大会と同じく、HSBCワールドラグビーセブンズシリーズ2019の男女それぞれ上位4チームが出場。さらに全世界の予選を勝ち抜いた男女それぞれ6チームが出場資格を獲得。予選は、2019年6月から12月にかけてアフリカ、アジア、ヨーロッパ、北米、オセアニア、南米で開催され、各地域の1位が出場資格を獲得する。

もう一つの枠は、敗者復活戦により決定。2019年の各予選で2位、3位のチームからなる計12チームが敗者復活戦の参加資格を得る。敗者復活戦は地域予選の最終試合から2020年6月の間に行われ、男女トーナメントの優勝者が2020年の東京オリンピック最後の出場権を獲得する。

この発表を受けて、日本ラグビーフットボール協会の岡村正会長、男女セブンズ日本代表の岩渕健輔総監督がコメントを発表した。

■公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 岡村 正 会長
「東京2020オリンピック競技大会の出場権を男女ともに獲得できたことを大変喜ばしく、誇らしく思います。これまでに日本代表の活動に多大なるご協力をいただきました方々に、心より感謝申し上げます。東京オリンピックのビジョンである、『全員が自己ベスト』、『多様性と調和』、『未来への継承』を描きながら、チームともども十二分に準備をし、大きな花を咲かせるよう努めて参ります。引き続き、皆様のご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます」

■Team Japan 2020 男女7人制日本代表 岩渕 健輔 総監督
「ラグビーの東京2020オリンピック競技大会の出場権獲得は、これまでの男女7人制日本代表チームが残してきたパフォーマンスによるものであると思っております。長い歴史の中で、尽力してきた多くの選手、スタッフ、そして支えてきてくださった方々に心から感謝いたします。皆様にいただいた出場権には、2020年7月27日から8月1日までの6日間のグラウンド上でのパフォーマンスで恩返しいたします。あと600日余りで、日本ラグビーの今後50年が決まると考えています。強い覚悟と決意でのぞみます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

September 16, 2018 7:36 AM /

トップリーグ第3節土曜の結果ほか

9月15日(土)は、博多のレベルファイブスタジアムに行っていた。蒸し暑い気候になり、選手はしんどそうに見えた。そのためにミスが多くなった面があったかもしれないが、互いにミスでチャンスを逸する場面が多かった。第一試合は、NECグリーンロケッツが宗像サニックスブルースを24-15で破った。宗像サニックスらしさの見える奔放なつなぎでのトライもあったが、NECはスクラムでプレッシャーをかけるなどサイズの大きなFWがよく前に出た。FL大和田立が何度もラインブレイクして目立っていた。

第二試合は、リコーブラックラムズがコカ・コーラレッドスパークスを破った。序盤こそコカ・コーラがディフェンスでよく前に出て先制トライをあげたが、決定力ではリコーが勝り、ゴール前のスクラムを押し込んでNO8松橋周平がトライをあげるなど5トライを奪った。今季加入で初先発のSO堀米航平、FBロビー・ロビンソンの編成も機能していた気がする。九州勢の元気がないのが、やや気がかりな2試合だった。

そのほかの結果は以下の通りだが、相変わらず接戦が多い。外国籍選手の特別枠の増加により、ディフェンスが向上しているのが一つの要因だろう。海の向こうでは、ザ・ラグビーチャンピオンシップで、南アフリカ代表スプリングボクスが、36-34でニュージーランド代表オールブラックスを、アルゼンチン代表プーマスが、オーストラリア代表ワラビーズを23-19で破った。南アフリカが復調、アルゼンチンは着実に力をつけている。来年のラグビーワールドカップに向かって王者オールブラックスを追いかけるチームもレベルアップを続けている。

■トップリーグ2018-2019第3節・土曜の結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
日野レッドドルフィンズ●14-36◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ
東芝ブレイブルーパス●24-31◯パナソニック ワイルドナイツ
◇大阪・万博記念競技場
クボタスピアーズ◯14-3●キヤノンイーグルス
◇京都・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
豊田自動織機シャトルズ●26-64◯NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
◇静岡・ヤマハスタジアム
ヤマハ発動機ジュビロ◯34-16●Honda HEAT
◇福岡・レベルファイブスタジアム
宗像サニックスブルース●15-24◯NECグリーンロケッツ
コカ・コーラレッドスパークス●15-36◯リコーブラックラムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月14日は、金曜ナイター、サントリーサンゴリアス対神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を取材した。午後7時30分のキックオフにもかかわらず、午前中からお客さんが並びはじめ、キックオフ後も続々とお客さんがやってきた。最大の要因は神戸製鋼でダン・カーターが先発したからだ。カーターのキック、パスの一つひとつに歓声が上がった。

先制したのは神戸製鋼だった。前半3分、自陣10mライン付近でサントリーのボールをターンオーバー。ワイドに展開すると、FLグラント・ハッティングがバックスのようなスピードで抜け出し、タックルを受けながらワンハンドでWTB山下楽平へ。左中間への先制トライとなる。カーターのゴールは外れ、5-0。8分にはカーターが22mライン右中間のPGを決めて8-0。その後はサントリーも連続アタックで攻め込み、SO田村煕がPGを決めて、8-3。17分には神戸製鋼がCTBリチャード・バックマンのトライ、カーターのゴールで15-3とリードを広げる。

神戸製鋼は22分にもサントリーの連続アタックを止め続け、ボールを奪うと素早くボールを動かし、右タッチライン際を山下楽平が抜け出し、カーターにつないでトライ。20-3とした。カーターがPGを追加して、23-8とした25分過ぎからは田村に代わって投入されたSOマット・ギタウがサントリーのアタックをぐいぐい前に出し、36分、ギタウのパスを受けたCTB梶村祐介が、タックラーをずらしながらWTB尾崎晟也へ。ゴール左隅にトライをあげて、23-8とする。ギタウの投入について、サントリーの沢木敬介監督は「点差をつけられていたので、何かを変えなければいけなかった。田村が悪かったというわけではない」と説明した。

後半の立ち上がりが勝敗を分ける時間帯だったが、神戸製鋼の攻勢は続いた。2分、攻め込んだゴール前のラックから交代出場のWTB児玉健太郎がトライ。30-8とする。サントリーもそのまま勢いのは飲み込まれない。14分、FB松島幸太朗が一対一の状況でタックラーを抜き去ってトライをあげ、30-15と迫る。しかし、サントリーは自陣で手痛いペナルティーを犯し、カーターがPGを決めて33-15と再び突き放す。22分には、CTBアダム・アシュリークーパーに代わってSOイーリ ニコラス、SH日和佐篤に代わってアンドリュー・エリスを投入。クルセイダーズ、オールブラックスでチームメイトだったエリスとカーターがピッチに立つ、ファンにはたまらない状況に。サントリーも反撃するが、神戸製鋼のディフェンスを破れない。33分、ラインアウトからギタウが縦を突き、梶村につないで、交代で入ったばかりのWTB塚本健太にパスが渡ってトライ。33-20としたが、サントリーの得点はここまで。カーターがもう1PGを加えて、36-20とし、ノーサイドとなった。

カーターの存在感が秩父宮ラグビー場を異様な興奮状態に包み込んだ戦いだった。敗れたサントリーの沢木敬介監督は、「神戸製鋼もパッションがあった。これで自分たちも強くなる。次は必ず勝ちます。練習します」と潔かった。カーターについて問われると次のように答えた。「素晴らしい教科書が日本に来た。ラグビーをしている子供たちにも手本になる。日本ラグビーにとってプラスです」。流大キャプテンも「まずは神戸さんにおめでとう、と言いたい」と話しはじめ、カーターについてはこう言った。「常にオプションが2、3個あり、体を正面に向けてプレーのも上手い。こちらも迷います。体を当ててみて、簡単には倒れないと思いました。すべてにおいて素晴らしい選手です」と称賛した。

勝った神戸製鋼のデーブ・ディロンヘッドコーチは「勝つことができて嬉しいです。サントリーはクオリティーの高いチーム。次に対戦するときはさらにクオリティーを上げてくるサントリーと戦わなくてはいけませんが、まずはこの勝利を喜びたいと思います」とコメント。橋本大輝ゲームキャプテンは、「僕がプレーした試合で、(秩父宮ラグビー場に)こんなにお客さんが入ったのは初めてです。チケットも完売したんですよね? ダン・カーター、すごいな(笑)」と報道陣を笑わせた。※実際には、自由席は少し残り、観客数は、17,576人だった。

そして、最後に会見場にダン・カーターがやってきた。「チームにとっても私にとってもスペシャルな試合になりました。チャンピオンチームに対して大きなチャレンジでした。個人的にはやっとトップリーグの試合に出られて嬉しく思っています。多くの観客が集まってくれたのも嬉しかったですね。マンオブザマッチは、誰が選ばれてもおかしくなかった。チームメイトに感謝の気持ちを伝えたいです」。

カーターは本当に正直に語る。「約4か月ぶりの試合で、緊張していました。最初のキックを外しましたが、良いスタートを切りたいというプレッシャーがあって思うように行きませんでした。本当は80分プレーすることになるとは思っていなかったのですが、最後は雨が降って少しゲームのスピードが落ちたので助かりました」などなど。カーター選手はこの試合で、1トライ、2ゴール、4PGの21得点をあげた。今後も観客を楽しませてくれそうだ。

■トップリーグ2018-2019第3節・金曜の結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス●20-36◯神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半8-23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月6日(木)に地震の影響により開催中止になった、トップリーグ2018-2019第2節「神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 宗像サニックスブルース」に代替え試合が、9月29日(土)に月寒屋外競技場(月寒ラグビー場)にて開催されることが決まった。

別の場所での開催を予想していたのだが、月寒ラグビー場の試合開催に向けて最低限のインフラが整ったこと、北海道ラグビーフットボール協会の運営体制が整ったことを踏まえて開催が決定されたという。日本ラグビー協会のプレスリリースには、「この試合は、今回の震災で被災された方々への復興支援、トップリーグ開催を楽しみにされていたファンの方々への感謝の意味も込めて開催いたします」とある。

日時:9月29日(土)、13:00キックオフ
神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 宗像サニックスブルース
北海道 月寒屋外競技場(月寒ラグビー場)

■日本ラグビー協会より、チケットの取り扱いについてのお知らせ。

<9月8日(土)神戸製鋼vs宗像サニックスのチケットの払い戻しについて>
①各プレイガイドでチケットを購入されたお客様 ご購入時にご利用いただいた各プレイガイド、コンビニエンスストア、その他店舗にて対応させていただきます。 手続き等の詳細につきましては各プレイガイド等へご確認ください。
【払い戻し受付期間】 9月18日(月)10:00~10月21日(日)各店舗の営業時間内。

②北海道ラグビーフットボール協会よりチケットを購入されたお客様 チケット及びご返金先情報を同封頂き、「北海道ラグビーフットボール協会事務局」宛に郵送にて送付をお願い致します。
【北海道ラグビーフットボール協会事務局】 〒062-0905 北海道札幌市中央区北10条西24丁目3番地AKKビル4F 株式会社メディカルシステムネットワーク
【ご返金先として必要な情報】 ・ご連絡先(住所・氏名・電話番号) ・振込先の銀行・口座・名義
【払い戻し受付期間】 9月18日(月)10:00~10月31日(水)着
【北海道協会事務局へのお問い合わせ】 下記メールアドレス宛にお願いいたします。 front@hokkaido-rugby.gr.jp

③その他チケット ・トップリーグパスポート、各チームロゴ入りチーム券は払い戻し対象外とさせていただきます。 ・各トップリーグチームからご購入の日付指定券につきましては、各チーム担当窓口へお問い合わせください。
※受付期間を過ぎたチケットの払い戻しは出来かねますので、予めご了承ください。

<代替開催試合のチケット販売について> 9月21日(金)10:00~
※チケットの購入についてジャパンラグビー トップリーグ公式HPをご覧ください。 http://www.top-league.jp/ticket/
※9月8日(土)月寒屋外競技場(月寒ラグビー場)開催のチケットをお持ちのお客様はそのままご利用頂けます。

<チケットに関するお問い合わせ先> 公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 チケットナビダイヤル TEL:0570-02-9551 (10:00~18:00 火曜・日曜・祝日定休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・新宿でのラグビーイベントの再告知です!

9月23日、NPO法人ヒーローズとノーサイドプロジェクトの共催でこんなイベントをします。このあたりは、ラグビーワールドカップ一年前ということで、他にもいろいろイベントがあります。空いている時間と好みにぴったり来るのに参加してくださいね。今回のイベントは新宿駅にみんなでラグビースタイルをして集まり、都庁のレストランでラグビートーク聞いて、懇親会で交流するものです。

題して、「1年前だよ!ラグビー好き全員集合!」

ドレスコードは「サムシングラグビー」ヘッドキャップをかぶるも良し、ボールを抱えて来るも良し、全身ラグビージャージも良し、何かラグビーのものを身につけてご参加下さい! 
また、当日は釜石こどもラグビー未来基金への寄付も募らせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

http://www.city.kamaishi.iwate.jp/shisei_joho/shokai/rugby_city/detail/1195345_3208.html

皆さんのご参加をお待ちしております。午後5時に集合。さりげなく、ラグビーをアピールしつつ、みんなで都庁議事堂レストランに行きましょう!

主催: ノーサイドプロジェクト & ヒーローズ
9月23日・日曜日18時より
会場:TOKYO都庁議事堂レストラン
集合場所:17時、JR新宿西口1階京王百貨店前
会費:一人4000円
パーティオーナー:村上晃一
ゲスト:大西将太郎ほか

お申込み、お問い合わせは
info@npo-heroes.com
ヒーローズ事務局
06 6864 7311まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.