1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


February 18, 2013 2:52 PM /

女子代表・冨田選手に会う

201302181

18日は雨の京都を出発して東京へ。午後、女子日本代表の冨田真紀子選手のインタビューをした。これは、日本協会のメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。岡山県生まれ、千葉県育ちの冨田選手は、早稲田大学国際教養学部の3年生。関西学院大学ラグビー部出身のお父さんの影響と、中学時代に通っていた病院の先生がラグビー経験者だったことで、ラグビーの世界へ。「これから、女子ラグビー、来るよ」という言葉が決め手だったようだ。

中学2年生から世田谷レディースに入った。「ラグビーの人はかっこいい」というのが最初の印象だったようだ。年齢に関係なく、チーム一丸となって練習し、戦う選手達の人としての魅力に惹かれたそうだ。チームメイトの井上愛美選手(日本代表)の「一緒に頑張ろう」という言葉が心に響いた。

「私、バスケットボールをしていたのですが、当たりたくなってしまって、反則ばかりしていたんです」と、根っからのラグビー向きである。高校時代にオーストラリアに留学し、もともと好きだった英会話を高め、ラグビー選手としてもよりパワフルになった。いまは、試合の流れを変えられるプレーヤーになろうと思っている。

現在は、7人制ではプロップ、15人制ではフルバックを務める。どんな質問に対しても理路整然と答えてくれた。女子日本代表選手にインタビューする機会も増えてきたのだが、いつも聡明さに感心している。冨田選手はフルバックなのだが、キックが苦手なようで、そこは、「キックの下手な鈍足フルバック」の僕としては、ものすごく親近感がわいた。

他にも、いろんな話を聞いたので、詳しくはメンバーズクラブ会報誌にて。

メンバーズクラブサイト
http://www.jrfu-members.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.