1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


April 24, 2010 4:17 PM /

ラグマガ6月号ほか

Cover_1006

ラグビーマガジン6月号、ラグビークリニック(ラグマガ別冊青葉号)が発売された。ラグマガには別冊付録「ジャパン応援ブック」付き。現日本代表スコッドのプロフィールが紹介されている。

Japanguide2010

ラグマガ6月号の特集は、始動した日本代表だが、ジョン・カーワンヘッドコーチ、菊谷崇キャプテン、立川剛士選手が決意を語る。立川選手のところでは、急逝した渡邉さんのコメントもある。立川選手の決意のほどがうかがえる。U20日本代表の元木由記雄ヘッドコーチの「ジャパン・オリジナルを必ず」も期待を抱かせてくれる。この他代表関連の記事多し。7人制日本代表、高校日本代表ともに着実に経験を積んでいるようだ。

編集部の森本優子さんイチオシの「ゴリ夢中!」のゲストは大久保直弥さん。「ラグビーの道、人の道」と題された対談は、示唆に富んでいる。大久保さんの「FWは、相手に弱みを見せちゃいけない」のくだりは、かっこいい。「ラグビーは心がもろに出るじゃない。きついときに逃げる人間は信頼されない」。

大型移籍となった、箕内拓郎選手、山下大悟選手が移籍の気持ちについて語っている。脳腫瘍の手術から復帰したジュリアン・ハクスリーのストーリーもあり。「愛すべきラグビーに必ず戻って来られると信じ続けた」。

Rugbyclinic_21

ラグビークリニックの特集は「今のうちに、フィットネス」。厳しいトレーニングから逃げたらラグビーはできない。でも、どうやって効果的なトレーニングができるか、そんな情報や経験談が満載。陽気なフィジアンたちが、恐怖の坂道ダッシュをする様子も。キヤノンのアシスタントコーチ、チャールズ・ロウさんの話も面白い。武術に精通しながら世界先端のコーチングを実践。基本の大切さはどれにも共通している。

リコーブラックラムズから、2009年度勇退選手、2010年度新加入選手の発表があった。新加入選手では、前ホンダヒートの守屋篤、金栄(キム・ヨンデ)、前サントリーのハレ・ティーポレ、そしてスーパー14ハリケーンズのタマティ・エリソン(SO/CTB)らビッグネームが。引退した田沼広之さんは、新体制ではパフォーマンスコーディネーターに就任する。

新加入選手=川口顕義(法政大、HO)、大山大地(立正大、LO)、松本友介(同志社大、LO)、徳永亮(帝京大学、SO)、小浜和己(流経大、CTB)、長谷川元気(関東学大、WTB)、井上雄介(中央大、PR)、野口真寛(帝京大、NO8)、山本健太(前近鉄ライナーズ、LO)、覺來弦(前横河電機、FL)、金栄(前ホンダヒート、FL)、守屋篤(前ホンダヒート、CTB)、ハレ・ティーポレ(前サントリーサンゴリアス、LO/FL)、タマティ・エリソン(ハリケーンズ、SO/CTB)

勇退選手=田村和也、Samiuela Mafileo、王思博、大竹勝也、蓼内博樹、田沼広之、Hottie Louw、Gerhard Human、Pieter Ferreira、武川正敏、斎藤敦、福永昇三

お知らせ◎ラグマガ編集部の森本優子さんのトークライブのお知らせです。好評だった難波英樹選手が再び登場。
【森本優子 ラグビーに乾杯!vol.7】
〜再び登場!我が心のタックラー〜
2010年5月15日(土)午後6時キックオフ(午後5時半開場)
パーソナリティー:森本優子(ラグビーマガジン編集部)
ゲスト:難波英樹(トヨタ自動車ヴェルブリッツCTB)
参加費:2,000円
懇親会費:3,000円
定員:50名
予約受付中!
予約、お問い合わせは
道楽亭 Ryu's Bar 佐藤まで 
03-6452-8366
dourakutei@kph.biglobe.ne.jp
http://www.ryus-dourakutei.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.