1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


December 26, 2016 6:59 PM /

鴨沂クラブ、京都クラブAリーグ優勝

我が母校である京都府立鴨沂(おうき)高校ラグビー部OBが創設した鴨沂クラブが、先日(12月11日)、京都クラブAリーグのプレーオフ.最終順位決定戦で乙訓クラブを破り(37-14)、1998年の初優勝以来、18年ぶり2度目の優勝を飾った。ずいぶんと書くのが遅くなってしまったが、いまや鴨沂高校ラグビー部は単独ではチームを作れない状況で、今回の優勝は嬉しい限り。12月24日の京都新聞夕刊にもこのことが取り上げられていた。

20161226-1.jpg

河合孝夫監督(胴上げ写真)は、僕が教育実習で鴨沂高校に行ったときの生徒。その後、同志社大学でラグビーを続け、卒業後は、同学年の斉藤上太郎部長らとチームの創設時から活躍し、その後もチームを支えてきた。現在は、他の高校やさまざまな大学OBも含み、在籍メンバーは67名。休部中のメンバーも含めれば100名ものメンバーが所属する。1991年に発足し、今年で創部26年目。

20161226-3.jpg

河合監督によると、鴨沂高校出身者以外に、洛北、東山、伏見工、同志社、京都学園、塔南、京都成章、花園、桂、乙訓、北稜、大谷、南陽、両洋、桃山、城南、洛東等、京都の18の高校OBがいるという。京都以外でも啓光学園、東寝屋川、四天王寺、浪速、大阪桐蔭、東海大仰星、同志社香里、近大附属等の大阪の高校OBや、関学、天理、畝傍等近畿圏の高校、千葉東、流経大柏、香川誠陵、福岡、熊本文徳、鹿児島工等全国の高校OBも在籍。今年はニュージーランドとオーストラリアからの留学生もそれぞれ1名ずつホームページのメンバー募集欄から入部してくれたとのこと。それだけ活発に運営されているということであり、河合監督、そしてメンバーの皆さんの奮闘に頭が下がるばかり。

20161226-2.jpg

京都に就職もしくは転勤になって、ラグビーをする場所を探している方がいたら、ぜひホームページをのぞいてみてください。

鴨沂クラブのホームページ
http://ohkiclub.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.