1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


September 16, 2018 7:36 AM /

トップリーグ第3節土曜の結果ほか

9月15日(土)は、博多のレベルファイブスタジアムに行っていた。蒸し暑い気候になり、選手はしんどそうに見えた。そのためにミスが多くなった面があったかもしれないが、互いにミスでチャンスを逸する場面が多かった。第一試合は、NECグリーンロケッツが宗像サニックスブルースを24-15で破った。宗像サニックスらしさの見える奔放なつなぎでのトライもあったが、NECはスクラムでプレッシャーをかけるなどサイズの大きなFWがよく前に出た。FL大和田立が何度もラインブレイクして目立っていた。

第二試合は、リコーブラックラムズがコカ・コーラレッドスパークスを破った。序盤こそコカ・コーラがディフェンスでよく前に出て先制トライをあげたが、決定力ではリコーが勝り、ゴール前のスクラムを押し込んでNO8松橋周平がトライをあげるなど5トライを奪った。今季加入で初先発のSO堀米航平、FBロビー・ロビンソンの編成も機能していた気がする。九州勢の元気がないのが、やや気がかりな2試合だった。

そのほかの結果は以下の通りだが、相変わらず接戦が多い。外国籍選手の特別枠の増加により、ディフェンスが向上しているのが一つの要因だろう。海の向こうでは、ザ・ラグビーチャンピオンシップで、南アフリカ代表スプリングボクスが、36-34でニュージーランド代表オールブラックスを、アルゼンチン代表プーマスが、オーストラリア代表ワラビーズを23-19で破った。南アフリカが復調、アルゼンチンは着実に力をつけている。来年のラグビーワールドカップに向かって王者オールブラックスを追いかけるチームもレベルアップを続けている。

■トップリーグ2018-2019第3節・土曜の結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
日野レッドドルフィンズ●14-36◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ
東芝ブレイブルーパス●24-31◯パナソニック ワイルドナイツ
◇大阪・万博記念競技場
クボタスピアーズ◯14-3●キヤノンイーグルス
◇京都・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
豊田自動織機シャトルズ●26-64◯NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
◇静岡・ヤマハスタジアム
ヤマハ発動機ジュビロ◯34-16●Honda HEAT
◇福岡・レベルファイブスタジアム
宗像サニックスブルース●15-24◯NECグリーンロケッツ
コカ・コーラレッドスパークス●15-36◯リコーブラックラムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.