1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 1, 2019 5:59 PM /

全国高校ラグビー大会・ベスト8出揃う

2019年1月1日、皆さま、おめでとうございます。いよいよラグビーワールドカップイヤーです。一生に一度の機会を満喫しましょう。今年もよろしくお願いいたします。

20190101-1.jpg

さて、2019年の仕事始めは、21年連続でJSPORTSでの解説だった。朝10時30分からの解説は、桐蔭学園(神奈川)と石見智翠館(島根)の試合だった。序盤は石見智翠館ペース。SH田原慶人のトライで先制すると、NO8武内慎のサイドアタックなどで大幅ゲインし次々にチャンスを作る。しかし、パスミスなどもあって攻め切れず、徐々に桐蔭学園に流れが傾いていった。後半の桐蔭学園はブレイクダウンで激しくファイトし、一人一人がタックルをかわして前進。CTB小田原廉、WTB佐々木隼、西川賢哉らが次々にトライをあげて突き放した。敗れた石見智翠館の安藤監督は「今年のチームは個性的でなかなかまとまらずバラバラになりそうなときもあったのですが、やっとまとまってきて、いいチームになってきていただけに、ベスト8、ベスト4も体験させてやりたかったです」と、ため息をついた。高校生は一戦ごとに伸びる。多くの監督は同じ思いだろう。

もう一つの解説は、流通経済大柏(千葉)と京都成章の試合だった。ノーシードから勝ち上がった京都成章がどこまでやれるか。僅差勝負の予想通り、互いに一歩も引かない攻防で前半30分まで0-0。このまま後半に突入かと思われたが、PKからスクラムを選択した流経大柏がそこから攻め続け、PR神田剛がトライし、7-0とリードして前半を折り返した。「流経大柏はBKのチームというイメージでしたが、FWが強かった」と京都成章の湯浅監督。後半開始早々にもFL木村倭(やまと)がトライした流経大柏は、5分にもラインアウトからSH諸井流哉が抜け出してトライし、19-0として優位に立った。京都成章も反撃したが、流経大柏はスクラムで優位に立ち、個々のタックルも強く、最終的には45-14という力強い勝利をもぎとった。

接戦になったのは、天理(奈良)対中部大春日丘(愛知)、長崎北陽台対茗溪学園(茨城)だ。両試合ともリアクションが速く、攻守にスキのない攻防が続いた。天理はシンビンで一時14人になる時間帯もあったが粘り強いディフェンスで春日丘の攻撃を食い止め、素早いパスワークでのトライで競り勝った。茗溪学園は先制トライを奪ったものの、長崎北陽台も連続攻撃でトライを返し、僅差勝負となる(※上の写真はそのスコアボード)。10-7と茗溪リードで迎えた後半5分、長崎北陽台はモールを押し込みPR大井草太が逆転トライ。14-10としたが、茗溪も18分にトライを返し、15-14と再び逆転。決勝トライは後半24分、長崎北陽台のFL山内裕斗。21-15という逆転勝利だった。どちらに転ぶか分からない白熱の攻防は、きょうのベストゲームだった。

このほか、大阪桐蔭、常翔学園、報徳学園、東福岡が得点力を見せつけてベスト8に駒を進めた。すべての試合が終了後、8人のキャプテンによる組み合わせ抽選会が行われ、1月3日の準々決勝のカードが以下のように決まった。

◇準々決勝
10:30 長崎北陽台 対 東福岡
11:55 大阪桐蔭 対 報徳学園
13:20 天理 対 桐蔭学園
14:45 流経大柏 対 常翔学園

追記◎僕は、たばこを吸わないので喫煙所には行かないのだが、バックスタンド裏の喫煙スペースを通りかかったら、こんな感じ。グラウンドにゴールポスト、灰皿スタンドが試合しているみたいになっている。面白い。
20180101-2.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.