1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


May 12, 2018 3:11 PM /

サンウルブズ、2018年初勝利

サンウルブズ、ようやく今季初勝利。5月12日、秩父宮ラグビー場での最終戦で、オーストラリアのレッズを、63-28(前半29-14)で下した。オーストラリアカンファレンスのチームに勝ったのは3年目にして初めてだった。

僕はJSPORTSで、矢野武さん、藤島大さんと実況解説をした。今季初めての、なんとも楽しい時間だった。藤島さんが「これまで悪かったリスタートのキックオフ、キックのチェイス、パスをするかしないかの判断など、すべて良かったですね」と言っていた。今年のサンウルブズは、連敗の中でも着実に課題を修正してレベルアップしていたが、ようやく勝利に結実した。12,386人の観客のなかには、涙を流す人もいた。応援し続けたからこその涙だろう。

サンウルブズのSOヘイデン・パーカーは、プレースキックを100%成功させ、1トライ、5ゴール、7PGの36点をあげた(6トライだったが、一つはペナルティートライでコンバージョンキックを蹴っていない)。WTBホセア・サウマキは3トライ。リーチ マイケルを筆頭にしたFWの献身的な動き、LOグラント・ハッティング、NO8姫野和樹、CTBマイケル・リトルの力強いゲイン、WTB福岡堅樹のキックチェイスなどなど称賛したいプレーがたくさんある。後半投入された、田中史朗、徳永祥尭、田村優たちもいい仕事をした。

攻守にプレッシャーをかけ続けた会心の勝利。「この勝利はサプライズではありません。結果は出なかったがチームは成長していました。きょうは緻密で精度の高いプレーを冷静にしてくれました」。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは毎試合課題の修正に取り組んだ選手たちのハードワークを称えた。サンウルブズの公式サイトにもマッチレポートを書くので、取り急ぎ、このあたりで。次週の香港でのストーマーズ戦で連勝を狙ってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.