1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 21, 2018 3:31 PM /

トップリーグ2017-2018年間表彰式

1月21日、都内のホテルにてジャパンラグビー トップリーグ2017-2018年間表彰式が行われた。優勝したサントリーサンゴリアスの沢木敬介監督からは、まずはジョージ・スミス選手の件についてお詫びのコメントがあった。「被害者の方、関係者の方にお詫びを申し上げます。たくさんの皆様にご心配とご迷惑をおかけし、すみませんでした。今後、チーム一丸となって信頼回復に努めていきたいと思います」。

注目のMVPは、サントリーサンゴリアスの松島幸太朗選手だった。「たくさんの素晴らしい選手がいるなかで、このような賞をもらえたことは光栄です。個人として成長できたシーズンでした。サントリーのスタッフ、選手のおかげでここまで成長できていると思っています」。そう壇上で語った松島選手だが、報道陣の囲み取材時は、「僕だと思っていました!」とジョーク交じりに語っていた。新人賞は、トヨタ自動車ヴェルブリッツの姫野和樹選手。「できれば松田力也と2人で受賞したかったのですが、他にも1年目の選手がたくさん出ている中で受賞できたのは、今後の自信につながります」。1年目の苦労について質問が及ぶと、「僕は体調を壊すタイプではないのですが、7年ぶりに風邪をひきました」と話し、知らず知らずのうちに疲れがたまっていたシーズンを振り返った。それでも、「一日練習を休んで、2日で治しました」というところがタフだ。「リフレッシュして、サンウルブズに合流したいと思います」

ベストフィフティーンの初受賞は7名。ヴァル アサエリ愛、サム・ワイクス、デービッド・ポーコック、姫野和樹、福岡堅樹、マット・ギタウ、松田力也。福岡選手の初受賞は意外な気もしたが、トップリーグ2年目だったことを忘れていた。

■表彰者一覧
◎チーム表彰
優勝 サントリーサンゴリアス(2季連続5回目)
準優勝 パナソニック ワイルドナイツ
第3位 ヤマハ発動機ジュビロ
フェアプレーチーム賞 パナソニック ワイルドナイツ(3季ぶり7回目)
※イエローカード1枚を3ポイント、レッドカード1枚を10ポイント、厳重注意1回を3ポイントとして反則数に加算する。出場停止処分を受けたチームは、受賞の対象外とする。

◎個人表彰
トップリーグMVP:松島幸太朗[サントリーサンゴリアス](初受賞)
新人賞:姫野和樹[トヨタ自動車ヴェルブリッツ]
最多トライゲッター:山田章仁[パナソニック ワイルドナイツ] 12トライ(5季ぶり2回目)
得点王:ライオネル・クロニエ[トヨタ自動車ヴェルブリッツ] 132得点(5T/28G/16PG/1DG)(初受賞)
ベストキッカー:五郎丸歩[ヤマハ発動機ジュビロ](5季ぶり3回目)
※キック成功率(G・PG)83.02%(G:50回中41回成功 82.00%、PG:3回中3回成功 100%)
ベストホイッスル賞:麻生彰久(5季連続5回目)
※選考対象レフリーは、A級、A1級の中で、第11節終了時点でリーグ戦6試合以上を担当したレフリーとする。

◎AIG賞:大槻卓(初受賞)
※ジャパンラグビートップリーグ2017-2018において、レフリーとアシスタントレフリーを合算して最も多く担当し、今シーズン多大な貢献をした者に贈る。

▼ベストフィフティーン
PR1 稲垣啓太 パナソニック ワイルドナイツ 5季連続5回目
HO 堀江翔太 パナソニック ワイルドナイツ 2季ぶり7回目
PR3 ヴァル アサエリ愛 パナソニック ワイルドナイツ 初受賞
LO サム・ワイクス パナソニック ワイルドナイツ 初受賞
LO ジョー・ウィーラー サントリーサンゴリアス 2季連続2回目
FL デービッド・ポーコック パナソニック ワイルドナイツ 初受賞
FL 姫野和樹 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 初受賞
NO8 リーチ マイケル 東芝ブレイブルーパス 2季ぶり5回目
SH 流大  サントリーサンゴリアス 2季連続2回目
SO ベリック・バーンズ パナソニック ワイルドナイツ 2季ぶり4回目
WTB 福岡堅樹 パナソニック ワイルドナイツ 初受賞
WTB 山田章仁 パナソニック ワイルドナイツ 3季ぶり5回目
CTB マット・ギタウ サントリーサンゴリアス 初受賞
CTB 松田力也 パナソニック ワイルドナイツ 初受賞
FB 松島幸太朗 サントリーサンゴリアス 2季連続3回目
※選考対象選手は、第11節終了時点でリーグ戦7試合以上に出場した選手とする(途中退場も含む)
※出場停止処分を受けた選手は対象外とする。

▼功労賞:[リーグ戦通算100試合担当レフリー]麻生彰久

▼特別賞:
[リーグ戦通算150試合出場今季達成選手](達成順)
菊谷崇[キヤノンイーグルス]
北川俊澄[トヨタ自動車ヴェルブリッツ]
[リーグ戦通算100試合出場今季達成選手](達成順)
上野隆太[トヨタ自動車ヴェルブリッツ]
臼井陽亮[NECグリーンロケッツ]
川俣直樹[豊田自動織機シャトルズ]
五郎丸歩[ヤマハ発動機ジュビロ]
真壁伸弥[サントリーサンゴリアス]
堀江翔太パナソニック ワイルドナイツ]
谷口到[神戸製鋼コベルコスティーラーズ]


▼JSPORTS賞:クボタスピアーズ
第7節 近鉄ライナーズ対クボタスピアーズ
天理高校、天理大学の同級生ともある立川理道選手、井上大介選手、田村玲一選手が地元の天理親里ラグビー場で決めたトライシーン
※ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018第13節までの104試合の中から、印象的な4シーンをトップリーグ中継の出演者、スタッフが厳選。SNSを利用したファン投票により、その4シーンの中から最も多くの投票数を獲得したチームに贈られる。

▼Opta賞:セミシ・マシレワ[近鉄ライナーズ]ゲインメーター1,240m(初受賞)
※ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018第13節までの104試合を対象に、ゲインメーターの記録が最も高かった選手に贈られる。ゲインメーターとは、プレーが始まる場所からゴールラインに平行に引いたライン(ゲインライン)をボール保持した状態で攻撃方向90度に進んだ距離の総数。ゲインラインはキックオフの時はセンターライン、キックをキャッチした時はキャッチした場所、スクラムの時はスクラムの中心からゴールラインと平行に引いた仮想ライン。

★FOR ALL 「TRY for GREEN」プロジェクト
北海道網走市の森林保全活動へ寄付
~今シーズン全796トライ分の寄付金1,592,000円を寄付~

実施内容:ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018リーグ戦、総合順位決定トーナメントでの「1トライ」につき、トライを獲得したチームと、ジャパンラグビー トップリーグの双方が1,000円の募金を行い、シーズン終了後に北海道網走市の植林活動に寄付する。
寄付概要:網走市 植林活動/森林保全活動 1,592,000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.